【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



公演・イベント情報




■ 2018/09/08 柳家さん光 独演会 (第10回二ツ目落語会)
 
【 柳家さん光 独演会】

●とき:平成30年9月8日 (土)
午後2時 開場 2時半 開演

●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
久留米市本町8-4 
※駐車場は小頭町公園駐車場(無量寺まで3分)、その他周辺駐車場をご利用下さい。)

●木戸銭(入場料):
当日券/1名 1,500円
予約券/1名 1,000円
カップル券/2名 1,500円(予約のみ)

●主催 久留米落語長屋



●ご予約: 下記(1)〜(4)のいずれかの方法で
(1)電話 090-8390-8210
(2)FAX 0942-33-3942
(3)Eメール rakugo●kochira.info ←●を@に変更して送信してください
(4)郵送 830−0032 久留米市東町5-10 久留米落語長屋 よか亭十老 宛
住所・氏名・電話番号を記載し、お申し込みください。

※入場チケットは当日会場受付でお渡しいたします。

柳家さん光 二ツ目 のご紹介
(やなぎやさんこう)  

2009(平成21)年1月 柳家権太楼に入門
2009(平成21)年7月21日 前座となる 前座名「おじさん」
2013(平成25)年 二ツ目昇進 「柳家さん光」と改名

(一般社団法人落語協会ホームページ)



▼ 以下、終了したイベントです。ありがとうございました。


■ 2018/6/23 百円寄席

前回もご好評頂いた、素人寄席が進化版企画『百円寄席』を開催いたします。

シティプラザ六角堂広場を背に、前方見れば、くれない小路横丁あり。“ぎょうざ娘々”の前、喫茶エイトモダンの二階が、寄席開場。昭和の雰囲気の路地に、ちょっと来てみらんの、とてもよかばい!

【 百円寄席 】
【とき】平成30年6月23日(土)18時開場 18時半開演
【会場】紅小路しゅうかいじょ (福岡県久留米市六ツ門町10-43 くれない小路)
【入場料】百円
【申込】事前申込要(先着20名)

〈お問い合わせ・お申込〉
久留米落語長屋 よか亭十老
電話番号:090-8390-8210



■ 2018/6/9 三笑亭夢丸独演会 (第二十四回例会)

【 三笑亭夢丸独演会 】

■とき:平成30年6月9日 (土)
13時半 開場 14時 開演

■ところ: えーるピア久留米 視聴覚ホール
 久留米市諏訪野町1830-6 TEL0942-30-7900

■木戸銭(入場料):予約・前売り2,000円、当日2,500円

■主催 久留米落語長屋

■ご予約:
(1)電話 090-8390-8210
(2)Eメール rakugo●kochira.info ←●を@に変更して送信してください
(3)FAX 0942-33-3942
久留米落語長屋 よか亭十老 宛
住所・氏名・電話番号を記載し、お申し込みください。

※入場整理券は当日会場受付でお渡しいたします。

三笑亭夢丸 のご紹介

芸名 三笑亭 夢丸 (さんしょうてい ゆめまる)
本名 前田 就 (まえだ しゅう.)
生年月日 昭和58年5月19日
出身地 新潟県新発田市.
芸種 落語.
階級 真打..
出囃子 萬歳くずし

芸歴 
平成14年 1月 三笑亭夢丸に入門 前座名「春夢」
平成14年 3月 楽屋入り
平成18年10月 二ツ目昇進 夢吉と改名
平成27年 5月 真打昇進「二代目三笑亭夢丸」襲名.

受賞
平成18年5月 第11回岡本マキ賞受賞
平成29年3月 平成28年度花形演芸大賞 銀賞受賞.

公式ブログ http://ameblo.jp/bakajimukyoku/
趣味 銭湯めぐり・野球観戦(主にファーム).
コメント 「聞いてくれた方が「落語っていいなぁ」と思っていただける様な噺が出来たらいいなと夢見ております。」


(公益社団法人落語芸術協会ホームページより引用)






■ 2018/4/28 百円寄席

素人寄席が進化した新企画『百円寄席』を開催いたします。今回は古参1名、中堅1名、新人2名が落語を披露いたします。ご声援をお願いします。


【 百円寄席 】
【と き】平成30年4月28日(土)18時開場 18時半開演
【会 場】紅小路しゅうかいじょ (福岡県久留米市六ツ門町10-43 くれない小路)
【入場料】百円
【申 込】事前申込要(先着20名)

〈お問い合わせ・お申込〉
久留米落語長屋 よか亭十老
電話番号:090-8390-8210





■ 2018/03/24 古今亭始独演会 (第九回二つ目落語会)
 
【 古今亭始独演会】

●とき:平成30年3月24日 (土)
午後2時 開場 2時半 開演

●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
久留米市本町8-4 
※駐車場は小頭町公園駐車場(無量寺まで3分)、その他周辺駐車場をご利用下さい。)

●木戸銭(入場料):
当日券/1名 1,500円
予約券/1名 1,000円
カップル券/2名 1,500円(予約のみ)

●主催 久留米落語長屋



●ご予約: 下記(1)〜(4)のいずれかの方法で
(1)電話 090-8390-8210
(2)FAX 0942-33-3942
(3)Eメール rakugo●kochira.info ←●を@に変更して送信してください
(4)郵送 830−0032 久留米市東町5-10 久留米落語長屋 よか亭十老 宛
住所・氏名・電話番号を記載し、お申し込みください。

※入場チケットは当日会場受付でお渡しいたします。

古今亭始 二ツ目 のご紹介
(ここんていはじめ)  

1984年7月2日生まれ、埼玉県鶴ヶ島出身。
2009年7月 古今亭志ん輔に入門。
2010年1月21日 前座となる。前座名「半輔」
2014年6月11日 二ツ目昇進。「古今亭始」と改名。
趣味:サッカー、キャンプ、BBQ、スノボ





■ 2018/1/20 坂本繁二郎生家 新年落語寄席
久留米市に唯一残る武家屋敷で、日本の伝統文化の「落語」を観よう!聴こう!楽しもう!


【 坂本繁二郎生家 新年落語寄席 】
【とき】平成30年1月20日(土)14時〜16時
【会場】坂本繁二郎生家  (福岡県久留米市京町224番地1)
【費用】入館料・参加費ともに無料
【対象】対象だれでも参加可能 ※出入り自由
【申込】不要
【備考】会場収容人数30名程度につき、場合によっては立ち見や屋外での観覧になり得ることもあります。


〈お問い合わせ〉
久留米市 市民文化部 文化財保護課 担当:倉吉さん・古賀さん
電話番号:0942-30-9225 

坂本繁二郎生家の概要
 「放牧三馬」「帽子を持てる女」など、数多くの作品を制作し、74歳で文化勲章を受章した近代洋画家の巨匠、坂本繁二郎は、明治15年、旧久留米藩士の子として、市内の京町に生まれました。
 この繁二郎の生家は、久留米市に残っている唯一の武家屋敷で、平成15年7月には久留米市指定文化財になっています。
 市では、貴重な歴史遺産である生家を平成18年度から復原整備し、平成22年5月1日からは一般公開をしています。
 整備にあたっては、古い部材を極力使用し、伝統的な工法で、繁二郎が20歳、明治35年頃の姿に建て直しています。また、生家には、繁二郎の高等小学校時代からの親友、青木繁が居候した茶室も復原し、彼らが描いたといわれる複製の襖絵も展示しています。





 2017/11/25 入船亭扇遊独演会 (第二十三回例会)

【 入船亭扇遊独演会 】

■とき:平成29年11月25日 (土)
12時半 開場 13時 開演

■ところ: えーるピア久留米 視聴覚ホール
 久留米市諏訪野町1830-6 TEL0942-30-7900

■木戸銭(入場料):予約・前売り2,000円、当日2,500円

■主催 久留米落語長屋

■ご予約:
(1)電話 090-8390-8210
(2)Eメール rakugo●kochira.info ←●を@に変更して送信してください
(3)FAX 0942-33-3942
久留米落語長屋 よか亭十老 宛
住所・氏名・電話番号を記載し、お申し込みください。

※入場整理券は当日会場受付でお渡しいたします。

入船亭扇遊 のご紹介
(いりふねていせんゆう)  

芸歴
1972(昭和47)年11月 入船亭扇橋に入門 前座名「扇ぽう」
1977(昭和52)年3月 二ツ目昇進 「扇好」と改名
1985(昭和60)年9月 真打昇進 「扇遊」と改名
2010(平成22)年 落語協会理事に就任

受賞歴
1983(昭和58)年 NHK新人落語コンクール優秀賞
1983(昭和58)年 国立演芸場若手花形演芸会金賞
1985(昭和60)年 日刊飛切落語会奨励賞
1992(平成4)年 「入船亭扇遊独演会」にて文部省芸術祭賞受賞

出囃子
道成寺(合の手)


蔦の葉

(一般社団法人落語協会ホームページ より)





 2017/09/09 入船亭小辰独演会 (第八回二つ目落語会)
【 入船亭小辰独演会 】

●とき:平成29年9月9日 (土)
14時 開場 14時半 開演

●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
久留米市本町8-4 (地図) 
※駐車場は近くの「小頭町公園駐車場」をご利用下さい(有料。徒歩3分)

●木戸銭(入場料):
当日券/1名 1,500円
予約券/1名 1,000円
夫婦券/2名 1,500円(予約のみ)

●主催 久留米落語長屋

●ご予約: 下記(1)〜(4)のいずれかの方法で
(1)電話 090-8390-8210
(2)FAX 0942-33-3942
(3)Eメール rakugo●kochira.info ←●を@に変更して送信してください

久留米落語長屋 よか亭十老 宛
住所・氏名・電話番号を記載し、お申し込みください。

※入場整理券は当日会場受付でお渡しいたします。

入船亭小辰 二ツ目 のご紹介
(いりふねていこたつ)  

1983(昭和58)11月24日生まれ、東京都豊島区北大塚出身
2008(平成20)年2月 入船亭扇辰に入門
2008(平成20)年9月1日 前座となる 前座名「辰じん」
2012(平成24)年11月1日 二ツ目昇進 「小辰」と改名
出囃子:いっさいいっさいろん
紋:蔦

(一般社団法人落語協会ホームページ より)

「小辰ごよみ」(入船亭小辰の公認スケジュール告知ブログ)
http://kotatsu-info.jugem.jp/





 2017/6/10 古今亭菊之丞独演会 (第二二回例会) 
おかげさまで、当長屋の寄席も第二十二回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
今回は古今亭菊之丞師匠にご登場いただきます。落語会の若旦那の上品な芸を、どうぞお楽しみに。

【古今亭菊之丞独演会】
■とき: 平成29年6月10日 (土) 
 14時開演 (13時半開場)

■ところ: えーるピア久留米 視聴覚ホール
 久留米市諏訪野町1830-6 TEL0942-30-7900

■木戸銭(入場料):予約・前売り 2,000円、当日2,500円

■主催 久留米落語長屋

■ご予約:
(1)電話 090-8390-8210
(2)Eメール rakugo●kochira.info ←●を@に変更して送信してください
久留米落語長屋 よか亭十老 宛
住所・氏名・電話番号を記載し、お申し込みください。

※入場整理券は当日会場受付でお渡しいたします。


古今亭菊之丞 真打 のご紹介

【芸歴】
1991(平成3)年3月  千葉県立国分高校卒業
1991(平成3)年5月  古今亭圓菊に入門
1991(平成3)年7月  前座となる 前座名「菊之丞」
1994(平成6)年11月  二ツ目昇進
2003(平成15)年9月  真打昇進

【受賞歴】
1998(平成10)年2月  北とぴあ若手落語家競演会北とぴあ大賞
2001(平成13)年11月  市川市民文化賞奨励賞
2002(平成14)年     NHK新人演芸大賞落語部門大賞
2008(平成20)年6月  平成19年度 国立演芸場花形演芸会金賞
2009(平成21)年6月  平成20年度 国立演芸場花形演芸会金賞
2011(平成23)年6月  平成22年度 国立演芸場花形演芸会金賞
2013(平成25)年3月  平成24年度 第63回芸術選奨 
               文部科学大臣新人賞(大衆芸能)
2013(平成25)年11月  第5回落語協会大喜利王選手権優勝
               第五代落語協会大喜利王
2016(平成28)年     第71回文化庁芸術祭優秀賞


中・高6年間、寄席に通ったおかげですっかり脳から口調まで毒された学生生活でしたが、おかげ様でお客様からは「江戸・明治を感じさせる噺家」と呼ばれております。やはり寄席で育った人間ですから、舞台・高座を大切につとめていきたいと思います。

(一般社団法人落語協会ホームページより)





 2017/3/12 晴レ舞台 -わらってぇ落語会- 
3/11・12久留米シティプラザCボックスで開催の「晴レ舞台」。
12日第一部は「わらってぇ落語会」。
笑っ亭一門が腕を磨いた落語を披露します!

【わらってぇ落語会】

■日時:平成29年3月12日 (日)
午前:10時開場、10時30分開演
午後:(仲入り後)12時30分開演

■会場:久留米シティプラザ 4階 Cボックス
〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8-1 TEL 0942-36-3000

■入場料:無料

■主催:久留米落語長屋

■入場整理券のお申込
久留米落語長屋 大家 よか亭十老 090-8390-8210
または 笑っ亭風太郎(遠藤) 090-2504-7836





 2017/3/12 晴レ舞台 -線香小噺教室 -プロの落語とコラボ- 
3/11・12久留米シティプラザCボックスで開催の「晴レ舞台」。
12日第二部は「線香小噺教室-プロの落語とコラボ-」。地元久留米出身の二ツ目柳家蝠よしさんの落語と、和妻師北見翼さんの和妻でお愉しみください。

【線香小噺教室 -プロの落語とコラボ-】

■日時:平成29年3月12日 (日)
(開場 15:00)
(開演 15:30)
前座 紅小路真幸也(くれないこうじまさや)
    紅小路大碧(くれないこうじとあ)
落語 柳家蝠よし
和妻 北見翼
落語 柳家蝠よし
(終演 17:00)

■会場:久留米シティプラザ 4階 Cボックス
〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8-1 TEL 0942-36-3000

■入場料:
500円(高校生以下無料)
当日、会場入口で入場整理券をお渡しします。

■主催:久留米落語長屋

■ご予約受付開始:
2月8日

■ご予約: 下記(1)〜(4)のいずれかの方法で
(1)電話 090-8390-8210
(2)FAX 0942-33-3942
(3)Eメール rakugo●kochira.info ←●を@に変更して送信してください
(4)郵送 830-0032 久留米市東町5-10

久留米落語長屋 よか亭十老 宛
入場整理券は当日会場受付でお渡しいたします。


柳家蝠よし 二ツ目 のご紹介
(やなぎやふくよし)  
地元久留米出身
平成24年1月 柳家蝠丸に入門
平成24年2月 下席より楽屋入り
平成24年7月 上席の池袋演芸場にて初高座「子ほめ」
平成28年3月 二ツ目昇進

北見翼 和妻師 のご紹介 
(きたみつばさ)
平成19年 北見マキ・マジックスタジオ入門
平成21年 北見マキに師事。和妻を継承。
平成23年 寄席出演。
現在は都内各寄席や海外公園、高級ホテル等に出演中。

和妻(わづま)とは 
日本に古来から主に口伝で受け継がれてきた伝統的な奇術の分野。
日本最古の奇術書は1715年に刊行された『神仙戯術』である。
これには、ひょうたんがひとりでに動く術、つくりものの魚に水中を泳がせる術などが紹介されている。さて、今回の和妻は…??





 2017/3/11・12 晴レ舞台 -笑いと庶民芸能- 
今回はH28年春に開館した「久留米シティプラザ」Cボックスにて、日本舞踊や長唄、にわか、落語の会を催します。古くから親しまれる庶民芸能が盛りだくさんの二日間。お楽しみに。

【晴レ舞台 -笑いと庶民芸能-】

■平成29年3月11日 (土)

◎第一部 「日本舞踊 長唄 お月さま」と線香小噺
開場12:00/開演12:30/終演14:00

◎第二部 佐賀にわか夢みる会「嫁姑」
開場15:00/開演15:30/終演17:00

■平成29年3月12日 (日)

◎第一部 素人寄席
開場10:00/開演10:30/終演14:00 ※中入り(休憩)12:00〜12:30

◎第二部 線香小噺教室 -プロの落語会とコラボ-
開場15:00/開演15:30/終演17:00

■ところ: 久留米シティプラザ 4階 Cボックス
〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8-1 TEL 0942-36-3000

■チケット料金:
3/11 【第一部】 無料 【第二部】 無料
3/12 【第一部】 無料 【第二部】 500円(高校生以下無料)

■主催:久留米落語長屋

■ご予約受付開始:
2月8日

■ご予約方法:
下記のいずれかの方法でおねがいします
(1)電話 090-8390-8210
(2)Eメール rakugo●kochira.info ←●を@に変更して送信してください
久留米落語長屋 よか亭十老 宛
ご住所・氏名・電話番号を記載し、お申し込みください。

各部とも入れ替え制です。ご予約をお願いします。
入場整理券は当日会場受付でお渡しいたします。




 2016/11/19 台所おさん真打披露 (第二一回例会) 
おかげさまで、当長屋の寄席も第二一回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
今回は昨年11月にご登場頂いた「台所鬼〆」さんが、真打に昇進され、「台所おさん」師匠として再び落語をご披露くださいます。
また、同じ門下の柳家吉緑さん(二つ目)の落語と、柳貴家雪之介さんの大神楽もお愉しみいただける、盛りだくさんの例会です。

【台所おさん真打披露】
■とき: 平成28年11月19日 (土) 
 午後1時半開場、 2時開演
■ところ: えーるピア久留米 視聴覚ホール
 久留米市諏訪野町1830-6 TEL0942-30-7900
■木戸銭(入場料):
〔当日券/1名〕2,500円
〔予約券/1名〕2,000円
〔夫婦券/2名〕3,000円(予約のみ) ※全席自由席

■主催 久留米落語長屋

■ご予約: 下記(1)〜(4)のいずれかの方法で
(1)電話 090-8390-8210
(2)FAX 0942-33-3942
(3)Eメール rakugo●kochira.info ←●を@に変更して送信してください
(4)郵送 830-0032 久留米市東町5-10

久留米落語長屋 よか亭十老 宛
住所・氏名・電話番号を記載し、お申し込みください。

※入場整理券は当日会場受付でお渡しいたします。



台所おさん 真打 のご紹介
1970年 12月30日生まれ
2002年 3月 柳家花緑に入門
2002年 7月 前座となる 前座名「花ごめ」
2005年 11月 二ツ目昇進 「台所鬼〆」と改名
2016年 3月 真打昇進 「台所おさん」と改名

柳家吉緑 二つ目 のご紹介
1984年生まれのメンバーで結成された『ハチヨン』同期5人で結成された『ラクゴレンジャー』ふたつのユニットに所属。
1984年生まれ
2010年 6月 柳家花緑に入門 前座名「柳家花どん」
2010年 8月 初高座(道灌)
2015年 5月21日 落語協会二ツ目昇進 花どん改め「吉緑」に改名

柳貴家雪之介 のご紹介
芸種 大神楽
1984年8月24日生まれ
1987年 水府流大神楽十八世宗家 三代 柳貴家正楽(実父)に師事
1990年 EXPO’90大阪万博で初舞台
2003年 江戸開府400年記念「寛永寺」奉演
2007年 高松宮殿下記念「世界文化賞」歓迎の夕べ(明治神宮)奉演
2009年 柳貴家雪之介を名乗り高座の上がる。柳家花緑一門になる。



■ 2016/11/18 久留米まち旅博覧会企画
           今宵は久留米の路地裏でひとつ落語など
 




落語における扇子や手ぬぐいの所作は、噺の情景を観客に想像させる大切な小道具のひとつ。プロの噺家さんにその所作を教わり、高座に上がって披露します。そのあとは噺家さんと長唄、三味線の師匠たちの一席を堪能。プロの皆さんと落語談義に花を咲かせ、本物の芸も楽しむ一夜です。


【 今宵は久留米の路地裏でひとつ落語など 】
●とき:平成28年 11月 18日 (金) 18:30〜20:00 (18:00受付開始)
●会場・集合場所:紅小路しゅうかいじょ〔くれないこうじ・しゅうかいじょ〕
久留米市六ツ門町10-43
●料金:大人2,000 円、小学生1,000円
●定員:15名
●予約方法:実施日3日前までに要予約。久留米落語長屋(四ヶ所)090-8390-8210

久留米まち旅博覧会とは

「久留米まち旅は 手づくりの旅。」

九州最大の河川、筑後川の中流域・筑後平野の中心に位置する久留米市。
人口約30万人の福岡県南部の中核都市で、2008年、市民みずから手作りの体験型観光商品「久留米まち旅博覧会」を開発しました。
その催し「まち旅(通称)」は、好評のうちに回を重ね、2014年秋には第10回目が開催されました。

「まち旅」の特徴は、久留米に暮らす人々が、普段から慣れ親しんだ地元の地域資源(自然や農業、伝統工芸、歴史遺産、食文化など)を活かして、自らが訪れる人をもてなす「手づくりの旅プラン」だということ。

この秋も、久留米絣の「織り」や「染め」体験、和傘づくり、植木職人に一日弟子入り、野菜の収穫からピザづくり、飲み食べ歩き、歴史ウォークなど多岐に渡り、80種類の体験を楽しめます。また、一年を通じて久留米を体験できる「いつでもまち旅」も実施しています。

久留米まち旅。
是非、あなたも体験してください。




■ 2016/10/08 柳家花いち独演会 (第7回二つ目落語会)
古典落語に加え、花いちワールドが炸裂する自作の新作落語も手がける両刀使い。日々古典を磨く傍ら、毎月新作のネタおろしをするなど、精力的に勉強会を重ねている。
(「花いちの観笑地帯」:毎月開催・新作ネタおろしの会、「本日ハ古典なり」:奇数月開催・古典を磨く会)
また、2014年より毎年開催しているなかの芸能小劇場での独演会は3年連続満員御礼となる。

自作の新作に「狸の紹介」「幸せって」「かわいい指南」「宿へGO!」「寿司職人」「ママちゃりきょうこ」など。

【 柳家花いち独演会 】
●とき:平成28年10月8日 (土)
14時 開場 14時半 開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
久留米市本町8-4 (地図) 
※駐車場は近くの「小頭町公園駐車場」をご利用下さい(有料。徒歩3分)

●木戸銭(入場料):
当日券/1名 1,500円
予約券/1名 1,000円
夫婦券/2名 1,500円(予約のみ)

●主催 久留米落語長屋

●ご予約: 下記(1)〜(4)のいずれかの方法で
(1)電話 090-8390-8210
(2)FAX 0942-33-3942
(3)Eメール rakugo●kochira.info ←●を@に変更して送信してください
(4)郵送 830-0032 久留米市東町5-10

久留米落語長屋 よか亭十老 宛
住所・氏名・電話番号を記載し、お申し込みください。

※入場整理券は当日会場受付でお渡しいたします。





■ 2016/04/02 柳亭市楽独演会
今年初めての二つ目落語会です。春の息吹を感じながら御愉しみください。二つ目昇進から8年、その噺っぷりは季節到来を想わせます。噺のネタ3本はすべて市楽さんにお任せしました。お客さまとの合うんの呼吸のなかで噺が始まります。ご期待ください。

今回から運営上、予約を基本とします。またご夫婦の場合は更に特別割引と致しました。是非、ご夫婦でおこしください。お待ちしております。
 予約申込は電話、FAX、メール、郵便いずれかでお願い致します。

【 柳亭市楽独演会 】
●とき:平成28年 4月 2日 (土)
13時半 開場 14時 開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
久留米市本町8-4 (地図) 
※駐車場は近くの「小頭町公園駐車場」をご利用下さい(有料。徒歩5分)
※花見シーズンです。小頭町公園は花見の人気スポットのため、「小頭町公園駐車場」および近隣駐車場は混雑が予想されます。お早目におでかけください!
●木戸銭(入場料):
当日券/1名 1,500円
予約券/1名 1,000円
夫婦券/2名 1,500円(予約のみ)

●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋

柳亭市楽(二ツ目)のご紹介
略歴 生年月日 1981年4月10日
    平成17年3月 市馬入門
    平成17年11月 市朗として前座
    平成20年11月 二ツ目昇進 「市楽」改名




■ 2015/11/14 台所鬼〆独演会(共催 原鶴温泉やぐるま荘) 
来春真打昇進が決定した台所鬼〆さんの独演会を、原鶴温泉やぐるま荘さんで開催します。温泉に入ったあとに、落語三席をゆったりお楽しみ下さい。

【 台所鬼〆独演会 】
●とき:平成27年 11月 14日 (土)
 12時半開場 13時開演 14時半終演予定
 (入浴タイム10時〜12時半)
●ところ:原鶴温泉やぐるま荘
838-1514 朝倉市杷木久喜宮1890-1 
電話0946-62-0700
http://www.yaguruma.jp/
●木戸銭(入場料): 1,000円※お風呂代含む
●主催 久留米落語長屋・原鶴温泉やぐるま荘

●お問合わせ・お申込み:
0942−34−2188 久留米落語長屋
0946−62−0700 原鶴温泉やぐるま荘

台所鬼〆(二ツ目) のご紹介
生年月日:1970年12月30日
出身地:福岡県柳川市
出囃子:おうま紋剣片喰
芸歴:2002(平成14)年03月 柳家花緑に入門
    2002(平成14)年07月 前座となる 前座名「花ごめ」
    2005(平成17)年11月 二ツ目昇進 「台所鬼〆」と改名
初高座:(日時)2002年05月16日 (場所)日本橋 藪伊豆 (演目)道灌
主な持ちネタ:真田小僧
趣味:映画
自己PR:名前がこの先どのようになるのか、楽しみにしております。
    色々なことをやっていきたいと思っております。
(引用:落語協会HP)





■ 2015/10/17 素人寄席・日高明穂オンステージ 
一部 落語 新作落語(田主丸の民話「小川のかっぱ」を素材にした新作落語をご披露)

二部 日高明穂オンステージ

【 春の櫻寄席 (素人寄席) 】
●とき:平成27年 10月 17日 (土)
 14時開場 14時半開演
●ところ:六ツ門大学 2階教室
(ほとめき通り、元 井筒屋南側) 地図
※お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭(入場料): 無料
●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋

日高明穂のご紹介
福岡県のシンガーソングライター。
初めてギターを買った次の日に路上ライブを始める。
アコギを使い、透明感のある中にもしっかりと芯のある歌声で、前向きでない感情もひるまずに歌に昇華してしまう情熱を秘める。
〜寂しい歌だけど、悲しさもありつつ、それでも生きる人の強さを私は歌います〜




■ 2015/10/03 林家はな平 独演会(第五回二つ目落語会)
二〇一三年よりはじまりました、二つ目さんを応援する「無量寺二つ目落語会」。今回は林家はな平さんの登場です。
ぜひ会場で生の落語をご堪能ください。

(林家はな平さんよりごあいさつ)
一般社団法人落語協会二つ目という堅苦しい肩書きはございますが、
一噺家(落語家)として日々活動を行っております。
都内の寄席はもちろん、そのほか地方にも行かせて頂くこともございます。

落語というのは決して古くありません。現代です。
今の人間が江戸時代の話をしゃべっていますが、笑いの質、ストーリーの中から得られる感性は現代です。
その現代をわかりやすく伝える芸人が良い落語家だと思っています。
私は、そんな落語家になりたいです。みなさま、お気軽に落語会にお運びくださいませ。応援よろしくお願いいたします。

【 林家はな平独演会(第五回二つ目落語会 】
●とき:平成27年 10月 3日 (土)
14時 開場 14時半 開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
久留米市本町8-4 (地図) 
※駐車場は近くの「小頭町公園駐車場」をご利用下さい(有料。徒歩5分)
●木戸銭(入場料): 1000円
●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋

林家はな平(二ツ目)のご紹介
生年月日 昭和59年5月6日
出身地 福岡県
芸歴 
2004(平成16)年03月 福岡から上京 学習院大学入学
2007(平成19)年03月 学習院大学経済学部卒業
2007(平成19)年03月 林家正蔵に入門
2007(平成19)年10月01日 前座となる 前座名「はな平」
2011(平成23)年 二ツ目昇進
2012(平成24)年 NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」出演
2012(平成24)年 NHK「立川志らくの演芸図鑑」に出演




■ 2015/6/6 柳家喜多八独演会 (第十九回例会) 
おかげさまで、当長屋の寄席も第十九回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

【柳家喜多八独演会】
■とき: 平成27年6月6日 (土) 
 13時半開場、 14時開演 ※全席自由席
■ところ: えーるピア久留米 視聴覚ホール
 久留米市諏訪野町1830-6 TEL0942-30-7900
■木戸銭(入場料):〔予約〕2,000円 〔当日〕2,500円
 ※全席自由席
■お問い合わせ: 久留米落語長屋 佐藤
 TEL:090-9659-1947   FAX:0942-35-8634 
 MAIL:suikyou●kumin.ne.jp (●を@に変えて送信して下さい)


柳家喜多八(やなぎや きたはち)師匠のご紹介
生年月日 1949年(昭和24年)10月14日
出身地 東京都練馬区
出嚇子 梅の栄
紋    三ツ柏

芸歴  1977(昭和52)年02月 柳家小三治に入門
     1978(昭和53)年09月 前座となる。前座名「小より」
     1981(昭和56)年05月 ニッ目昇進「小八」と改名
     1993(平成05)年09月 真打昇進「喜多八」と改名

CD  「柳家喜多八1・2」(ワザオギレーベル)
    「柳家喜多八1・2・3・4」(日本コロンビア)
DVD 「本格本寸法ビクター落語会柳家喜多八其の−、其の二、其の参」
    (ビクターエンターテイメント)




■ 2015/4/18 春の櫻寄席 (素人寄席) 
暖かくなってまいりました。
笑いが大好物の愉快な仲間達が
我先にと笑いをふりまきます。
爆笑注意、腹筋強化注意!

一部 佐賀にわか 久留米初登場
二部 久留米落語長屋の面々の落語

【 春の櫻寄席 (素人寄席) 】
●とき:平成27年 4月 18日 (土)
 14時開場 14時半開演
●ところ:六ツ門大学 2階教室
(ほとめき通り、元 井筒屋南側) 地図
※お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭(入場料): 無料
●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋



■ 2015/03/28 春雨や雷太 独演会
一昨年よりはじまりました、二つ目さんを応援する「無量寺二つ目独演会」。今回は春雨や雷太さんの登場です。古典落語を中心に、初心者向けの噺から通好みの噺まで、持ちネタの数は100席以上。当日は『初天神』『古着買い』『』宿屋の仇討』を披露して頂く予定です。ぜひ会場で生の落語をご堪能ください。

【 春雨や雷太独演会 】
●とき:平成27年 3月 28日 (土)
14時 開場 14時半 開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
久留米市本町8-4 (地図) 
※駐車場は近くの「小頭町公園駐車場」をご利用下さい(有料。徒歩5分)
●木戸銭(入場料): 1000円
●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋

春雨や雷太(二ツ目)のご紹介
芸名 春雨や雷太(はるさめや らいた)
本名 宮尾 卓(みやお たかし)
生年月日 昭和58年2月10日
出身地 千葉県習志野市
芸種 落語
階級 二ツ目
出囃子 乗合船
芸歴 平成18年4月 春雨や雷蔵に入門
    平成18年9月 前座となる「雷太」
    平成22年8月 二ツ目昇進
受賞 2014年 第13回さがみはら若手落語家選手権 本選会出場
    2014年 高円寺エトアール寄席 二ツ目芸人グランプリ優勝
趣味 茶道
コメント 落語の、寄席の楽しさ、素晴らしさを全力で伝えてまいります。
ホームページ http://rakugo-raita.com/
(引用:落語芸術協会HP)




■ 2014/10/25 坂本繁二郎生家 素人落語寄席
久留米市指定文化財である坂本繁二郎生家にて寄席を開催します。



【 坂本繁二郎生家 素人落語寄席 】
●とき:平成26年10月25日(土曜日)15時00分〜17時00分
(開場14時30分、開演15時00分、終演16時50分)
●会場:坂本繁二郎生家  (福岡県久留米市京町224?1)
●当日自由参加(会場収容可能人数100人程度)
●お問い合わせ:市民文化部文化財保護課 電話番号:0942-30-9225 

坂本繁二郎生家の概要
 「放牧三馬」「帽子を持てる女」など、数多くの作品を制作し、74歳で文化勲章を受章した近代洋画家の巨匠、坂本繁二郎は、明治15年、旧久留米藩士の子として、市内の京町に生まれました。
 この繁二郎の生家は、久留米市に残っている唯一の武家屋敷で、平成15年7月には久留米市指定文化財になっています。
 市では、貴重な歴史遺産である生家を平成18年度から復原整備し、平成22年5月1日からは一般公開をしています。
 整備にあたっては、古い部材を極力使用し、伝統的な工法で、繁二郎が20歳、明治35年頃の姿に建て直しています。また、生家には、繁二郎の高等小学校時代からの親友、青木繁が居候した茶室も復原し、彼らが描いたといわれる複製の襖絵も展示しています。




■ 2014/10/4 落語好き集う紅小路へようこそ  
           落語会と美味しい横丁紅小路案内
 
いつまでも賑わって日が暮れないことから名前がついた「くれない小路」。
横丁には酒、料理、ジャズ喫茶など通のあつまる店がいっぱい。この横丁の一番奥に落語好きが集う「紅小路しゅうかいじょ」があります。柳川出身の二つ目さんの落語を愉しんで、久留米落語長屋の世話人と二つ目さんがお店へナビゲート。


【 落語会と美味しい横丁紅小路案内 】
●とき:平成26年 10月 4日 (土)
18時半〜20時半
●会場・集合場所:紅小路しゅうかいじょ〔くれないこうじ・しゅうかいじょ〕
久留米市六ツ門町10-43
●参加料金:2,000 円(食事付)
●予約方法:久留米まち旅博覧会事務局の電話(0942-31-1730)または、HPからご予約いただけます。先着順。定員あり。詳しくは久留米まち旅博覧会事務局HP
●お問い合わせ: 0942-31-1730 久留米まち旅博覧会事務局

久留米まち旅博覧会とは
今回で第10回となる久留米まち旅博覧会が2014年10月1日から11月30日まで開催されます。
筑後一円から「久留米のブランド」を発見し、久留米の観光資源としていこうという、とても素敵なしなやかな活動です。NPO久留米ブランド研究会が主催し、久留米市や筑後一円の市町村と協働していく仕組みも持ち合わせています。
約80のプログラムが組まれており、私たち久留米落語長屋は第67番目の催しです。




■ 2014/10/4 台所鬼〆独演会 
昨年よりはじまりました、二つ目さんを応援する「無量寺二つ目独演会」。今回は台所鬼〆さんの登場です。福岡県柳川市のご出身。ぜひ会場で生の落語をご堪能ください。

【 台所鬼〆独演会 】
●とき:平成26年 10月 4日 (土)
14時 開場 14時半 開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
久留米市本町8-4 (地図) 
※駐車場は近くの「小頭町公園駐車場」をご利用下さい(有料。徒歩5分)
●木戸銭(入場料): 1000円
●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋

台所鬼〆(二ツ目) のご紹介
生年月日:1970年12月30日
出身地:福岡県柳川市
出囃子:おうま紋剣片喰
芸歴:2002(平成14)年03月 柳家花緑に入門
    2002(平成14)年07月 前座となる 前座名「花ごめ」
    2005(平成17)年11月 二ツ目昇進 「台所鬼〆」と改名
初高座:(日時)2002年05月16日 (場所)日本橋 藪伊豆 (演目)道灌
主な持ちネタ:真田小僧
趣味:映画
自己PR:名前がこの先どのようになるのか、楽しみにしております。
    色々なことをやっていきたいと思っております。
(引用:落語協会HP)




■ 2014/9/20 素人寄席 
秋めいてまいりました。
久方ぶりに六ツ門大学にて
素人寄席を開催いたします。
ご来場をお待ちいたしております。

【 素人寄席 】
●とき:平成26年 9月 20日 (土)
 13時半開場 14時開演
●ところ:六ツ門大学 2階教室
(ほとめき通り、元井筒屋南側) 地図
※お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭(入場料): 無料
●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋


■ 2014/6/14 三遊亭 窓輝・圓窓親子会(第十八回例会・10周年記念 
おかげさまで、当長屋の寄席も第十八回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。


【三遊亭 窓輝・圓窓親子会】
■とき: 平成26年6月14日 (土) 
 13時半開場、 14時開演 ※全席自由席
■ところ: えーるピア久留米 視聴覚ホール
 久留米市諏訪野町1830-6 TEL0942-30-7900
■木戸銭(入場料):〔店子〕2,000円 〔一般〕3,000円 〔一般予約・前売り〕2,500円
 ※全席自由席
■お問い合わせ: 久留米落語長屋 佐藤
 TEL:090-9659-1947   FAX:0942-35-8634 
 MAIL:suikyou●kumin.ne.jp (●を@に変えて送信して下さい)

三遊亭窓輝(さんゆうてい・そうき)師匠のご紹介

1970年04月16日生まれ 東京都豊島区出身

(芸歴)
1995(平成7)年11月 六代目三遊亭圓窓に入門 前座名「窓輝」
1999(平成11)年11月 二ツ目昇進
2010(平成22)年03月 真打昇進

(自己PR)
明るく楽しくまじめにやってまいります。ご声援、よろしくお願いします。


(引用:落語協会HP)

三遊亭圓窓(さんゆうてい・えんそう)師匠のご紹介
1940年10月03日生まれ 東京都江東区深川生まれ 豊島区育ち

(芸歴)
1959(昭和34)年03月 八代目春風亭柳枝に入門 前座名「枝女吉」
1959(昭和34)年10月 柳枝歿後、六代目三遊亭円生門下へ「吉生」と改名
1962(昭和37)年11月 二ツ目昇進
1969(昭和44)年03月 真打昇進 六代目「三遊亭円窓」を襲名
1973(昭和48)年 ライフワーク「円窓五百噺を聴く会」スタート
1988(昭和63)年 PC通信による「円窓五百噺全集」スタート
1997(平成9)年 芝居落語「猫の忠信」で宙乗りを披露
1999(平成11)年 ホームページ「円窓落語大百科事典」スタート
2000(平成12)年 小学四年生の国語教科書に円窓の「ぞろぞろ」が載る 
日大芸術学部の講師
2006(平成18)年 落語協会相談役

(自己PR)寄席を満員にすること
噺家は個人芸だが「個とともに集団を考える噺家」を育成したい。
五百噺は2001年にゴールしました。
小学4学年からの落語の授業の完全実施を目指す。

(引用:落語芸術協会HP)




■ 2014/3/29 三笑亭夢吉独演会 
昨年よりはじまりました、二つ目さんを応援する「無量寺二つ目独演会」。今回は三笑亭夢吉さんの登場です。落語芸術協会所属、平成18年5月第11回岡本マキ賞受賞の実力の持ち主です。是非会場にお出でください。

【 三笑亭夢吉独演会 】
●とき:平成26年 3月 29日 (土)
14時半 開場 15時 開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
久留米市本町8-4 (地図) 
※駐車場は近くの「小頭町公園駐車場」をご利用下さい(有料。徒歩5分)
●木戸銭(入場料): 1000円
●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋

三笑亭夢吉(二ツ目) のご紹介

昭和58年5月19日生まれ
平成14年 1月 三笑亭夢丸に入門 前座名「春夢」
平成14年 3月 楽屋入り
平成18年10月 二ツ目昇進 夢吉と改名
受賞歴:
平成18年5月 第11回岡本マキ賞受賞

(引用:落語芸術協会HP)



■ 2014/2/22 サンライフ寄席 
今年も久留米市のサンライフ久留米さんの「文化教養講演会」にて寄席を開催いたします。
落語、講談、漫談、小噺を披露します。是非お出でください。

【 サンライフ寄席 】
●とき:平成26年 2月 22日 (土)
13時半 〜 15時半 (13時開場)
●ところ:サンライフ久留米
福岡県久留米市諏訪野町2363−9(えーるピア久留米隣)
●参加費:無料
●託児:あり。無料。申込締切2/15
●主催 サンライフ久留米
●お問い合わせ: 0942(33)4425



■ 2013/12/22 素人寄席 

やっぱ 笑いが一番!
年の瀬の素人寄席は、年末の噺も楽しめますよ。

【 素人寄席 】
●とき:平成25年 12月 22日 (日)
 13時 開場 13時半 開演
●ところ: くるめりあ6F
 久留米市六ツ門町3-11 (旧ショッパーズプラザ)  ※駐車場あり(有料)
 ※「六ツ門」バス停より徒歩5分
●木戸銭(入場料): 無料
●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋




■ 2013/11/09 古今亭志ん輔 独演会 (第十七回例会) 
おかげさまで、当長屋の寄席も第十七回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

今回は古今亭志ん輔師匠の登場です。
3代目故古今亭志ん朝師匠の芸風を受け継ぐ実力派。
NHK「おかあさんといっしょ」に17年間レギュラー出演もされた、グローバルに活躍する師匠です。

どうぞお楽しみに。




【 古今亭志ん輔 独演会 】
■とき: 平成25年11月9日 (土) 午後2時開場、 2時半開演
■ところ: えーるピア久留米 視聴覚ホール
 久留米市諏訪野町1830-6 TEL0942-30-7900
■木戸銭(入場料):〔店子〕2,000円 〔一般〕3,000円 〔一般予約・前売り〕2,500円
 ※全席自由席
■お問い合わせ: 久留米落語長屋 佐藤
 TEL:090-9659-1947 MAIL:suikyou.0701●gmail.com (●を@に変えて送信して下さい)

古今亭 志ん輔師匠 のご紹介

■芸歴
1972(昭和47)年03月 故古今亭志ん朝に入門 前座名「朝助」
1977(昭和52)年03月 二ツ目昇進 志ん朝の前名「朝太」を襲名
1982(昭和57)年04月 NHKテレビ「おかあさんといっしょ」にレギュラーとして出演
  ※1999年(平成11年)3月まで
2000(平成12)年 NHK FM「名曲リサイタル」のパーソナリティー
  ※2003年(平成15年)まで
1985(昭和60)年09月 真打昇進 「古今亭志ん輔」を襲名
2000年(平成12年)から、新日本フィルハーモニー交響楽団とのファミリーコンサートが好評。現在も進行中。その他のオーケストラとコラボレーションも多くなっている。
2010(平成22)年 落語協会理事に就任

■初高座
日時 1972年04月
場所 池袋演芸場
演目 時そば

■受賞歴
国立新人落語会 金賞・銀賞
ニッカン飛切落語会 最優秀奨励賞

■趣味
スポーツ観戦 清元 笛 義太夫 新内

(引用:落語協会HP)




■ 2013/09/07 柳亭市楽 独演会  
今回より、無量寺での独演会は、二ツ目さんの独演会になります。

今回お招きするのは、2007年に開催した例会(独演会)にて素晴らしい芸をご披露頂いた、柳亭市馬師匠のお弟子さんの、柳亭市楽さんです。
是非お出でください。

※助っ人募集!
一緒に落語会をつくりませんか?
チラシの作製、チケットの作成、会場設営・運営等をお手伝い頂きます。反省会(打ち上げ)にもご参加頂けます。下記問合せ先まで是非ご連絡下さい。(お名前、電話番号、住所をお知らせください)

【 柳亭市楽 独演会 】
■とき: 平成25年9月7日 (土) 午後2時半開場、 3時開演
■ところ: 無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
■木戸銭(入場料): 1,000円
 ※全席自由席
■お問い合わせ: 久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

柳亭市楽(二ツ目) のご紹介

1981年04月10日生まれ
2005(平成17)年03月     早稲田大学教育学部社会科卒業
2005(平成17)年03月     柳亭市馬に入門
2005(平成17)年11月     前座となる 前座名「市朗」
2008(平成20)年11月11日  二ツ目昇進 「市楽」と改名

(引用:落語協会HP)
 



満員御礼!ありがとうございました!

■ 2013/9/1 秋の七草寄席(素人寄席) 
素人寄席とかけて秋の七草と解く
その心は…
観てみないとよく判らない(笑)

無料で笑えて気持ちもお財布もほかほかの素人寄席。是非お越し下さい!

【 秋の七草寄席 】
●とき:平成25年 9月 1日 (日)
 13時 開場 13時半 開演
●ところ: くるめりあ6F
 久留米市六ツ門町3-11 (旧ショッパーズプラザ) 
 ※駐車場あり(有料)
 ※「六ツ門」バス停より徒歩5分
●木戸銭(入場料): 無料
●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋



満員御礼!ありがとうございました!

■ 2013/06/08 柳家権太楼 独演会 (第十六回例会) 
おかげさまで、当長屋の寄席も第十六回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

今回は柳家権太楼師匠の登場です。

年間700の高座数は日本トップクラス。
古典落語を得意とし、巧みな話術に
幅広い支持を集めている噺家さんです。

どうぞお楽しみに。




【 柳家権太楼 独演会 】
■とき: 平成25年6月8日 (土) 午後2時開場、 2時半開演
■ところ: えーるピア久留米 視聴覚ホール
 久留米市諏訪野町1830-6 TEL0942-30-7900
■木戸銭(入場料): 〔一般〕2,500円  〔店子〕2,000円
 ※当日会場でも店子入会受付いたします
 ※全席自由席
■お問い合わせ: 久留米落語長屋 佐藤
 TEL:090-9659-1947 MAIL:suikyo.0701●gmail.com (●を@に変えて送信して下さい)

柳家権太楼 師匠 のご紹介

■芸歴
1970(昭和45)年04月 故柳家つばめに入門 前座名「ほたる」
1974(昭和49)年09月 師匠他界により、柳家小さん門下となる
1975(昭和50)年11月 二ツ目昇進「さん光」と改名
1982(昭和57)年09月 真打昇進 三代目「柳家権太楼」を襲名
2001(平成13)年10月 理事付役員に就任
2006(平成18)年06月 落語協会常任理事に就任

2010(平成22)年 常任理事職を退任
2012(平成24)年03月 芸術選奨 文部科学大臣賞受賞

■初高座
日時 1970年06月
場所 目黒名人会

■受賞歴
1978(昭和53)年11月 NHK新人落語コンクール優秀賞
1980(昭和55)年01月 昭和54年度日本演芸大賞ホープ賞
1987(昭和62)年02月 昭和61年度若手演芸大賞

■趣味
ゴルフ 巨人軍を応援すること

(引用:落語協会HP)


満員御礼!ありがとうございました!

■ 2013/3/31 素人寄席 
暖かくなってまいりました。
笑いが大好物の愉快な仲間達が
我先にと笑いをふりまきます。
爆笑注意、腹筋強化注意!


【 素人寄席 】
●とき:平成25年 3月 31日 (日)
 13時 開場 13時半 開演
●ところ: くるめりあ6F
 久留米市六ツ門町3-11 (旧ショッパーズプラザ) 
 ※駐車場あり(有料)
 ※「六ツ門」バス停より徒歩5分
●木戸銭(入場料): 無料
●主催 久留米落語長屋
●お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋

満員御礼!ありがとうございました!

■ 2013/2/23 サンライフ寄席 
今年も久留米市のサンライフ久留米さんの文化・教養講演会として寄席を開催いたします。
落語、手品、講談を披露します。是非お出でください。

【 サンライフ寄席 】
●とき:平成25年2月23日 (土) 午後1時開場、1時半開演 3時半閉演予定
●ところ:サンライフ久留米 大会議室
久留米市諏訪野町2363-9(えーるピア久留米となり) (地図
●定員:100名
●木戸銭(入場料):無料
●申込:氏名、年齢、性別、電話番号を、サンライフ窓口まで。 電話、ファックスでも申し込み可
●お問い合わせ:サンライフ久留米 
TEL:0942-33-4425   FAX:0942-33-4431

満員御礼!ありがとうございました!

■ 2012/12/23 元気ばい!年忘れ寄席  素人寄席 
「えッ〜 まさか、今年もあと8日しかなか。」
大晦日まぢかの12月23日、慌ただしいですけど、
ゆた〜と、寄席で楽しまれませんか。
落語、講談、皿回し、漫才、南京玉すだれをご披露します。
お楽しみ抽選会もありますよ。

出演予定 
久留米落語長屋の住人達、久留米大学落語研究会、南京玉すだれ会





【 元気ばい!年忘れ寄席 素人寄席 】
●とき: 平成24年12月23日(日)   開場13:00 開演13:30 終演16:00
●ところ: くるめりあ6F  久留米市六ツ門町3-11 (旧ショッパーズプラザ) 
     ※駐車場あり(有料) ※「六ツ門」バス停より徒歩5分
●木戸銭(入場料): 無料
●主催 久留米落語長屋  後援 久留米市市民活動サポートセンターみんくる
お問い合わせ: 0942−34−2188 久留米落語長屋


満員御礼!ありがとうございました!

■ 2012/11/10 金原亭馬生 独演会 
おかげさまで、当長屋の寄席も第十五回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

今回は金原亭馬生師匠の登場です。
どうぞお楽しみに。









【 金原亭馬生 独演会 】
●とき: 平成24年11月10日 (土) 午後3時開場、 3時半開演
●ところ: 無量寺〔むりょうじ〕 久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭(入場料): 〔一般〕弐千五百円(2,500円)  〔店子〕弐千円(2,000円) 
 ※当日会場でも店子入会受付いたします
●お問い合わせ: 久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

金原亭馬生師匠のご紹介

■芸歴
1969(昭和44)年03月 十代目金原亭馬生に入門 前座名「小駒」
1978(昭和53)年 二ツ目昇進 「馬治」と改名
1987(昭和62)年 真打昇進
1999(平成11)年 十一代目「金原亭馬生」を襲名

■初高座
日時 1969年09月11日
場所 人形町末広
演目 道灌

■出版物
CD :朝日名人会ライブシリーズ
     金原亭馬生(1)「あくび指南・笠碁」
     金原亭馬生(2)「そば清・庖丁」
     金原亭馬生(3)「お直し・稽古屋」
著書:「面白いほどよくわかる落語の名作100」(日本文芸社)

■得意ネタ
文七元結 芝浜 らくだ 庖丁 紙入れ お直し 王子の狐
死神 唐茄子屋政談 富久 圓朝作品 

■受賞歴
1986(昭和61)年 日刊飛切努力賞
1987(昭和62)年 スポニチ若手演芸大賞
1987(昭和62)年 国立演芸場花形演芸大賞
2000(平成12)年 浅草芸能大賞奨励賞

■趣味
歌舞伎観劇 川柳 NBAバスケット あやしい占い



満員御礼!ありがとうございました!

■ 2012/9/2 素人寄席 
「今年の夏の記録的な猛暑はどげんやったね〜」
とかけて 

「久留米落語長屋の素人寄席」 と解く。

ほお〜、 その心は・・・?  

「いつまでも 飽き(秋)がこない!」
==⇒ 暑さで大分まいっとるバイネ!

♪ やっぱ 笑いが一番!
秋の素人寄席は、怪談噺もあるよ〜 ♪




【 素人寄席 】
●とき:平成24年 9月 2日 (日)  13時半 開場 14時 開演
●ところ:六ツ門大学 (ほとめき通り、元井筒屋南側) 地図
※お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭:無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所) 0942-34-2188




満員御礼!ありがとうございました!

■ 2012/6/2 林家 正雀 独演会 
おかげさまで、当長屋の寄席も第十四回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

今回は林家正雀師匠の登場です。
どうぞお楽しみに。

◎ 演目(予定)
落語 大店の犬
落語 紙屑屋
落語 お札はがし
寄席の踊り(正雀師匠)



【 林家正雀 独演会 】
●とき:平成24年6月2日 (土)  
  午後3時開場、 3時半開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭(入場料):一般:弐千五百円(2,500円) 、
  店子:弐千円(2,000円) ※当日会場でも店子入会受付いたします
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

林家正雀師匠のご紹介

■ 芸歴
1974(昭和49)年 八代目林家正蔵に入門
前座名「茂蔵」後に「繁蔵」と改名
1978(昭和53)年 二ツ目昇進 「正雀」と改名
1982(昭和57)年 八代目正蔵没後、橘家文蔵一門に
1983(昭和58)年 真打昇進

■ 初高座
1974年10月   場所 池袋演芸場  演目 子ほめ

■ 得意ネタ
鰍沢

■ 受賞歴
1979(昭和54)年 第8回 NHK新人コンクール最優秀賞
1996(平成8)年 平成8年度 芸術選奨大衆芸能部門新人賞

■ ホームページ
http://shoohachi.hpmk.net/



終了いたしました。ありがとうございました!

■ 2012/4/1 素人寄席 
梅は咲いたか 桜はまだかいな〜 ♪ 
今年は、梅と桜が同時に楽しめそうな気候となりましたが、松が加わると「役」?
やっぱ 笑いが一番! 春の素人寄席のご案内です。
第1部は もちろん 落語。若手と新作落語で大いに笑っていただきます。 
第2部は 粋でみやびな端唄の世界で魅了いたします。
春は競演で盛り上がる〜ん! 


【 素人寄席】
●とき:平成24年4月1日 (日)  13時半開場、14時開演
●ところ:六ツ門大学 (ほとめき通り、元井筒屋南側) 地図
※お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭(入場料):無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188


終了いたしました。ありがとうございました!

 2012/2/25 サンライフ寄席 
久留米市のサンライフ久留米さんの文化・教養講演会として寄席を開催いたします。
下は20代、上は80代の演者が落語を披露します。
是非お出でください。

【 サンライフ寄席 】
●とき:平成24年2月25日 (土) 午後1時開場、1時半開演
●ところ:サンライフ久留米 久留米市諏訪野町2363-9(えーるピア久留米となり) (地図
●木戸銭(入場料):無料
●申込:氏名、年齢、性別、電話番号を、サンライフ窓口まで。 電話、ファックスでも申し込み可
●お問い合わせ:サンライフ久留米 
TEL:0942-33-4425   FAX:0942-33-4431
MAIL:sunlife@onyx.ocn.ne.jp


終了いたしました。ありがとうございました!

■ 2011/11/12 柳家 さん喬 独演会 

おかげさまで、当長屋の寄席も第十三回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

今回は柳家さん喬師匠の登場です。
どうぞお楽しみに。



柳家 さん喬 独演会 】
●とき:平成23年11月12日 (土)  午後1時半開場、2時開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭(入場料):一般:弐千五百円(2,500円) 、
  店子:弐千円(2,000円) ※当日会場でも店子入会受付いたします
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

柳家 さん喬師匠のご紹介

■芸歴
1967(昭和42)年03月 中央大学付属高校卒業
1967(昭和42)年04月 五代目柳家小さんに入門 前座名「小稲」
1972(昭和47)年11月 二ツ目昇進 「柳家さん喬」と改名
1980(昭和55)年10月 真打試験合格
1981(昭和56)年03月 真打昇進
2001(平成13)年10月 理事付役員に就任
2006(平成18)年06月 落語協会常任理事に就任

■受賞歴
1984(昭和59)年 国立演芸場金賞受賞
1986(昭和61)年 選抜若手演芸大賞真打部門大賞受賞
1987(昭和62)年 文化庁芸術祭賞受賞
1994(平成6)年 第11回浅草演芸大賞新人賞受賞

■ホームページ
◎落語協会HP
http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Performers/Details/fdd4b430-4c35-45ad-9fa0-a0a725e45919
◎Youtube 動画(落語協会)
http://www.youtube.com/watch?v=D5e7ikqYB44
◎『All About』 記事
http://allabout.co.jp/gm/gc/207011/



終了いたしました。ありがとうございました!

■ 2011/9/4 素人寄席 
残暑 お見舞い申し上げますざんしょ!!
暑い夏も もおーすこし!
こんな時は冷房の効いた会場で 笑いが一番! 
 
秋の素人寄席のご案内です。
今回は2年ぶりに十老大家さんも登場で盛り上がります!
にぎにぎしくのご来場をお待ち申し上げます。



【 素人寄席】
●とき:平成23年9月4日 (日)  13時半開場、14時開演
●ところ:くるめりあ六ツ門 6階  ( 旧 ショッパーズプラザ )
久留米市六ツ門町3-11 (地図) ※駐車場あり(有料)、同建物内、食料品店、100円均一ショップ、ドラッグストア、レストラン、市児童図書館 等あり
●木戸銭(入場料):無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188



終了いたしました。ありがとうございました!

■ 2011/6/11 五街道 雲助 独演会 

おかげさまで、当長屋の寄席も第十二回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

今回は五街道 雲助師匠の登場です。
どうぞお楽しみに。



五街道 雲助 独演会】
●とき:平成23年6月11日 (土)  午後5時半開場、6時開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭(入場料):一般:弐千五百円(2,500円) 、
  店子:弐千円(2,000円) ※当日会場でも店子入会受付いたします
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

五街道 雲助 師匠のご紹介

■職歴・経歴
1968(昭和43)年02月  明治大学中退後、十代目金原亭馬生に入門 前座名「駒七」
1972(昭和47)年11月  二ツ目昇進 「五街道雲助」と改名
1981(昭和56)年  真打昇進

■得意ネタ
廓噺 圓朝噺

■ホームページ
http://www.asahi-net.or.jp/~cq1t-wkby/




終了いたしました。ありがとうございました!

■ 2011/4/3 素人寄席 
特別企画 久留米民話を語る会 永勝寺の語りべ達
 
久留米落語長屋は元気です!!
全国の皆さんに元気になっていただけるよう活動してまいります!

今回の素人寄席の特別企画は、久留米民謡。
久留米市山本町豊田にある永勝寺(寺沢大成住職)の檀家(だんか)さんらで結成された
「久留米民話を語る会・永勝寺の語りべ達」の皆様に、
地域に残る民話を筑後弁で語って頂きます。

今回より素人寄席の会場が変わります。
六ツ門交差点そば、「くるめりあ六ツ門」6階です。

【 素人寄席】
●とき:平成23年4月3日 (日)  午後1時半開場、2時開演
●ところ:くるめりあ六ツ門 6階  ( 旧 ショッパーズプラザ )
久留米市六ツ門町3-11 (地図) ※駐車場あり(有料)、同建物内、食料品店、100円均一ショップ、ドラッグストア、レストラン、市児童図書館 等あり
●木戸銭(入場料):無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188


終了いたしました。ありがとうございました!

■ 2010/10/23 春雨や雷蔵 独演会 

おかげさまで、当長屋の寄席も第十一回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

今回は春雨や雷蔵(はるさめや らいぞう)師匠をお迎えします。古典落語はもちろん、古今亭今輔師匠のお婆さん落語に意欲的に取り組み、実力派の中堅落語家として高い評価を受けていらっしゃいます。

大変楽しみです。どうぞお楽しみに。



【 春雨や 雷蔵 独演会】
●とき:平成22年10月23日 (土)  午後5時半開場、6時開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭(入場料):一般:弐千五百円(2,500円) 、
  店子:弐千円(2,000円) ※当日会場でも店子入会受付いたします
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

春雨や雷蔵 師匠のご紹介

■職歴・経歴
昭和26年 1月27日東京都葛飾区西亀有に生まれる。
昭和43年 八代目雷門助六師匠に入門 雷門助三となる
昭和47年 二つ目に昇進
昭和57年 真打昇進「四代目春雨や雷蔵」襲名

■受賞歴
昭和55年 第9回NHK新人落語コンクール 最優秀賞受賞
昭和59年 第20回国立演芸場花形若手演芸会新人賞 銀賞受賞
平成元年 第41回国立演芸場花形演芸会 金賞受賞
平成03年 第11回国立劇場花形演芸大賞「花形演芸会・金賞銀賞の集い」 大賞受賞
平成11年 第54回文化庁芸術祭「演芸部門」 優秀賞受賞

落語芸術協会に所属。古典落語、古今亭今輔師匠のお婆さん落語に意欲的に取り組み、実力派の中堅落語家として高い評価を受けている。
毎月一回、東京はお江戸日本橋亭にて『雷蔵八百夜』と称する落語会を、102歳の時に達成となる八百夜(800回)を目標に行っている。
村おこし・環境問題・高齢化問題・農業や自然についてなど、今日的な題材について講演活動を行っている。日本全国あちらこちらに出向き、「心の豊かさを求めて」「目指せハッスルお婆さん」などの講演は、落語同様好評を博している。


終了いたしました。ありがとうございました!

 2010/10/9・16『乳がん』&『前立腺がん』市民セミナーin久留米
   10/16 『前立腺がん』セミナーにて
 

市民セミナーに出演させて頂きます。

国民病とも言える『がん』。
誰にでも、がんの可能性はあります。
がんと闘っている人。その家族や友人。
これからがんになるかもしれない人。
すべての人が楽しめる内容になっております。

16日には、前立腺がんの知識や治療・予防についてお医者様よりお話があります。

是非お出で下さい。



【 『乳がん』&『前立腺がん』市民セミナーin久留米】
●とき:平成22年10月16日 (土)  13時半開場、14時開演
●ところ:石橋文化センター共同ホール 福岡県久留米市野中町1015 石橋文化センター内 (地図
●木戸銭(入場料):無料
●お問い合わせ:アストラセネガ(株)内市民セミナー事務局 0120-823-402



終了いたしました。ありがとうございました!

 2010/10/10 山の寿寄席 〜和酒と落語でスローな時を〜 

毎日くり返している生活の中に、あなたらしさはどれくらいありますか?
嫌な事を忘れたい日、楽しい事を覚えていたい日に、好きなお酒を一杯飲む。
そこに幸せな気持ちが溢れてくれば、それがあなただけの特別な時間になる。
毎日を忙しく過ごすあなたへ。
落語に耳を傾けながらワンプレートの和酒と肴を楽しむ。あなたに小さな特別があふれますように。



昨年に引き続き、
今年も山の寿さんのステキな酒蔵で
落語をさせていただきます。
山の寿さんの美味しいお酒もご堪能いただけますよ。
是非お越し下さいませ。

【 和酒と落語でスローな時を 】
●とき:平成22年10月10日 (日)
 落語 第一部/12時00分より
    ・和酒とお弁当 (要予約制:1,200円)
    ・和酒とお肴  (500円)
 落語 第二部/14時30分より
    ・和酒とお肴  (500円)

※お弁当とお肴といただく和酒
 山の壽セット
    ・山の壽(大吟醸)     ・山の壽(純米吟醸)
    ・山の壽(純米酒)     ・山の壽(ひやおろし)

●ところ:山口合名会社 福岡県久留米市北野町乙丸1番地

●お問い合わせ・ご予約
山口合名会社 福岡県久留米市北野町乙丸1番地
西鉄甘木線「大城駅」より徒歩1分
TEL:0942-78-3025
担当者:山口郁代



終了いたしました。ありがとうございました!

■ 2010/9/5 素人寄席 
お騒がせ口蹄疫の“モオー威”もおさまり
ひと安心!!暑い夏も もおーすこし!
こんな異常現象をぶっとばすには笑いが一番!

陽気・元気な殿さまから
秋の素人寄席のご案内でござるよ!

今回は 大家さんも登場で
爺やも婆やも盛り上がります!

皆様 お誘い合わせのうえ
にぎにぎしくご来場をお待ち申し上げます。



【 素人寄席 】
●とき:平成22年 9月 5日 (日)  13時半 開場 14時 開演
●ところ:六ツ門大学 (ほとめき通り、元井筒屋南側) 地図
※お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭:無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所) 0942-34-2188





終了いたしました。ありがとうございました!

■ 2010/6/5 柳亭 小燕枝 師匠 独演会 


【 柳亭 小燕枝 師匠独演会】
●とき:平成22年 6月 5日 (土)
 午後5時半 開場 6時 開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕
 久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭(入場料):
 一般:弐千五百円(2500円) 、
  店子:弐千円(2000円)
 ※当日会場でも店子入会受付いたします
●お問い合わせ:久留米落語長屋
 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188


柳亭 小燕枝 師匠の ご紹介
【芸歴】
1965(昭和40)年3月 五代目柳家小さんに入門 前座名「小よし」
1970(昭和45)年4月 二ツ目昇進 「小三太」と改名
1980(昭和55)年4月 真打昇進 六代目「柳亭小燕枝」を襲名
【CD、DVD、書籍など】
2005年1月エイベックスよりDVDを出しました。「浮世床」「五人廻し」「強情灸」
【得意ネタ】
強情灸・時そば・猫の災難・らくだ
【受賞】
昭和四十七年 第一回NHK新人落語コンクール最優秀賞受賞
昭和五十三年 日刊飛び切り落語会優秀賞受賞
昭和五十七年 第一回浅草演芸大賞新人賞受賞
昭和六十一年 花形演芸会において文化庁芸術祭賞受賞

   
終了いたしました。ありがとうございました!

■ 2010/4/4 落語 + 筑前琵琶の生演奏 素人寄席 
今年も、サクラの開花が早くなりそうな気配
・・・いよいよ春爛漫! 

不景気を吹っ飛ばすように 「くるめ寄席」 で大いに笑おうじゃ〜 あ〜りませんか!

今回は、第一部 『落語3席』&第二部『伝統 筑前琵琶の演奏』のてんこ盛り!

☆第二部は福岡市を拠点に大活躍中の新進気鋭/筑前琵琶奏者の寺田 蝶美
さんによる琵琶演奏を披露してもらいます。



【 素人寄席】
●とき:平成22年 4月 4日 (日)  13時半 開場 14時 開演
●ところ:六ツ門大学 (ほとめき通り、元井筒屋南側) 地図
※お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭:無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所) 0942-34-2188

寺田 蝶美(てらだ ちょうび)プロ の ご紹介
4歳より祖母内田旭潮の影響で筑前琵琶をはじめる。嶺旭蝶師,青山旭子師に師事。
筑前琵琶保存会教司。九州邦楽合奏団賛助団員。青山学院大学文学部卒。
NHK邦楽技能者育成会37期卒。
2007年8月筑前琵琶保存会イギリス公演に同行。
同11月「吟遊の宴」,琵琶,尺八,ピアノ,コントラバス,ダンスによるコラボレーションを行う。
美術展「ANO展」オープニングライブに出演。
同11月「お七とカルメン」ではフラメンコギター,フラメンコダンス等と共演(於・アクロス円形ホール)
2008年1月フジテレビ系ドラマ「耳なし芳一からの手紙」に出演。
同年8月巽慎之介氏と,「夏の世ばなし」を企画公演する。「耳なし芳一」の他「吉備津の釜」を製作し,朗読 フルート他と共演する。
同年9月 「古今布遊び ころもショー」(美空間 紫音 松尾好美氏主宰)に出演。
筝、打ち込みによるシンセサイザーとのコラボレーションを行う。
同年10月筑前琵琶保存会定期演奏会で新作「あゝ 薩摩義士」を作曲・演奏。
2009年5月まつり筑紫野〜薫風〜に出演(於 筑紫野文化会館)
同年6月「夏の世ばなし09」をあじびホール(福岡),パトリア日田(大分)にて計4公演行う。
「青の洞門」は墨象とのコラボレーション,天の川伝説「天人女房」は自ら再話として執筆し
琵琶・筝・ケーナの楽器演奏と朗読,ダンス,切り絵,影絵が融合し,ほかに類を見ない舞台となった。
同年7月 赤間神宮「耳なし芳一まつり」に奉納演奏。
同月,邦楽アンサンブルやまぐち第20回記念演奏会(於・周南市文化会館大ホール)に出演。
同月,舞台「花いちもんめ」の挿入音楽を担当(宮本 研:作 山田恵理香:演出)
9月「September〜琵琶と尺八のひびき〜」(於・阿修羅展開催中の九州国立博物館ミュージアムホール)
11月 筑前琵琶保存会定期演奏会にて「安宅」を演奏(於・大濠公園能楽堂)
12月 九州邦楽合奏団演奏会(於・あいれふホール)賛助出演
2010年1月 舞鶴公民館(福岡市内)にて講演・演奏
その他,福岡を中心として琵琶の普及のため演奏活動を行うなど多彩な活動をしている。福岡市在住。





終了いたしました。ありがとうございました!

■ 船上落語寄席〜筑後川ライブクルーズ〜 
九州随一の大河、筑後川にて、船上落語寄席を開催いたします。
屋形船での落語!大変楽しみです!

(以下、久留米まち旅博覧会より)
屋形船が久留米の色々なイベントで活躍しているのをご存知ですか。ライブや船上落語寄席などなど実は色々な楽しみ方があるのです。筑後川の雄大な流れをのんびり船から眺めたり、屋形船の乗り心地を楽しんだり。船内では久留米新作銘菓が食べられます。川の流れや風を感じながら久留米の風景を体感できるおとなのひとときです。

【 船上落語寄席〜筑後川ライブクルーズ〜】
●とき:平成21年10月31日 (土)  午後3時〜(70分)
●ところ:集合場所…水天宮横筑後川河川敷乗船場(発着)
      福岡県久留米市瀬下町265 ※駐車場有 (地図
●木戸銭(入場料):1000円 ※予約が必要です
●定員:40名
●お問い合わせ:久留米 まち旅博覧会事務局  TEL 0942-31-1730 (HP

久留米まち旅博覧会とは

「まち旅」は久留米に暮らす人々の手づくりの旅です。

本当に沢山の方々に久留米を楽しんでいただいた、昨年の「久留米まち旅博覧会」。
今年も47人のナビゲーターのみなさんが幾度となく集まって、まち自慢、人自慢、もの自慢。
それは、同じ久留米に暮らしている人同士でも、驚きと発見に満ちていました。

そこから生まれた、いくつもの小さな旅。それが「まち旅」です。

どの旅も、手づくりの旅。そして、どの旅も、ほとめきに満ちて、
秋の一日、さあ、「まち旅」へと出かけませんか?


   
終了いたしました。ありがとうございました!

■ 柳亭 燕路 独演会 
おかげさまで、当長屋の寄席も第九回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

今回は柳亭燕路師匠をおよびいたします。
柳派伝統の長屋物・滑稽話を得意とされ、上野鈴本演芸場等の寄席に常時出演する他、各落語会・マスコミで活躍中です
明るく陽気な芸風で、今後の落語界を背負っていく逸材として、その将来を大きく期待されています。

大変楽しみです。どうぞお楽しみに。



【 柳亭 燕路 独演会】
●とき:平成21年10月17日 (土)  午後5時半開場、6時開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭(入場料):一般:弐千五百円(2,500円) 、
  店子:弐千円(2,000円) ※当日会場でも店子入会受付いたします
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

柳亭 燕路 師匠のプロフィール
昭和57年1月 十代目柳家小三治に入門  前座名 柳家九治(やなぎや きゅうじ)
昭和58年3月 新宿末広亭にて初高座
昭和62年5月 九治のまま、二ツ目昇進
平成 9年9月 真打昇進 七代目 柳亭燕路を襲名
※ 出身地 北九州市小倉区
※ 出囃子 深川くずし
※ 紋 変わり羽団扇
※ 初高座 1983年 03月   場所 新宿末広亭
※ 受賞 平成7年 国立演芸場花形演芸会 金賞
      平成9年 北九州市民文化賞 奨励賞
      平成11年 林家彦六賞


    
終了いたしました。ありがとうございました!

■ 和酒と落語でスローな時を 〜山の寿寄席〜 

約190年の歴史を持つ
日本家屋で愉しむ酒と落語。
毎月とともに、大切なモノを足していき、
余計なものを引いていく。
その作業と時間こそが、他にない深みとなる。
もはや、流行り廃りなんてない。
理屈なんていらない。
自分の体の中に行き続けてきた歴史が、
時を越えて懐かしさと新鮮な喜びを与えてくれる。
さぁ、忙しい日々から、少し離れて
ワンプレートの和酒と肴で
スローな時を、ご一緒に。


昨年に引き続き、
今年も山の寿さんのステキな酒蔵で
落語をさせていただきます。
山の寿さんの美味しいお酒もご堪能いただけますよ。
是非お越し下さいませ。

【 和酒と落語でスローな時を 】
●とき:平成21年10月11日 (日)
 第一部/12時30分より 和酒とお弁当 (要予約制:1,000円)
 第二部/14時30分より 和酒とお肴  (500円)

 ※第一部、第二部とも次のものよりお好きなセットをお選びいただけます。
 ◎和酒セット
 山の壽 純米酒・フルフル完熟マンゴー梅酒・貴醸酒 燦寿の息吹
 ◎山の壽セット
 山の壽 大吟醸・山の壽 純米吟醸・山の壽 純米酒

●ところ:山口合名会社 福岡県久留米市北野町乙丸1番地

●お問い合わせ・ご予約
山口合名会社 福岡県久留米市北野町乙丸1番地
西鉄甘木線「大城駅」より徒歩1分
TEL:0942-78-3025
担当者:山口郁代



終了いたしました。ありがとうございました!

■ 素人寄席 

今年は記録的な長梅雨のせいで,もう秋の気配。
こんな異常気象をぶっとばすには、
お笑いが一番!

粋でいなせな「め」組の兄さんから
秋の素人寄席のご案内でござんすよ!

今回は若手と熟練者の競演で
盛り上がっていきます!

皆様お誘い合わせのうえ、
にぎにぎしくご来場をお待ち申し上げます。


素人寄席
●とき:平成21年 9月 6日 (日) 
 13時半 開場 14時 開演
●ところ:六ツ門大学 (ほとめき通り、元井筒屋南側) 地図
※お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭:無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所) 0942-34-2188



終了いたしました。ありがとうございました!

■ 古今亭 志ん橋 独演会 

おかげさまで、当長屋の寄席も第八回を迎えることが出来ました。いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

今回は古今亭 志ん橋師匠をお呼びいたします。
庶民の情愛表現の緻密さと豊かさに定評がある師匠。大変楽しみです。

また、今回は特別出演として、寄席文字のプロ、橘 右太治師匠にもお出で頂き、迫力ある寄席文字の実演をご披露いただきます。

どうぞお楽しみに。

【 古今亭 志ん橋 独演会】
●とき:平成21年6月 6日 (土)  午後6時開場、6時半開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭(入場料):一般:弐千五百円(2,500円) 、
  店子:弐千円(2,000円) ※当日会場でも店子入会受付いたします
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

古今亭 志ん橋 のプロフィール
1944年、東京都墨田区江東橋出身。63年、都立第四商業高校を卒業し、69年、古今亭志ん朝に入門。72年に「志ん太」で前座になる。75年に二ツ目、82年に真打昇進し、六代目古今亭志ん橋を襲名。76年第1回国立劇場花形演芸新人賞、78年日刊飛切落語会努力賞、86年に第2回台東区浅草演芸大賞新人賞、86年文化庁芸術祭賞団体賞などを受賞。古今亭の正統派を受け継ぐさわやかな芸風と、江戸風物への深い造詣から生まれる情感は出色。とくに庶民の情愛表現の緻密さと豊かさに定評がある。出囃子は「大拍子」。

橘右太治 のプロフィール
寄席文字の橘流を起こし、昭和の寄席の黄金期を寄席文字で支えた、橘右近師匠のお弟子さんです。



終了いたしました。ありがとうございました!

■ 素人寄席 

いよいよ春爛漫!
寄席芸をこよなく愛する久留米落語長屋が、
春恒例の寄席を くるめの街中で開催します。

今回は、なんと82歳の最高齢者が
『初めての落語』に挑戦!

さらに!
八女市を拠点に大活躍中の『若き馬場姉妹』に
民謡と津軽三味線を披露してもらいます。
入場無料!




素人寄席
●とき:平成21年 4月 5日 (日) 
 13時半開場 14時開演
●ところ:六ツ門大学 地図
※お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭:無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

馬場姉妹のプロフィール

(姉) 馬場美雅
小学校入学前に興味を持った細三味線を習い始める。
高校時に津軽三味線を習い始める。
平成15年、津軽三味線高橋流名取「高橋浩雅」となる。
同年、福岡県知事よりとびうめ国文祭「飛梅大使」を委嘱され、PR活動に携わる。
日本民謡協会民謡民舞全国大会優秀賞受賞。
第20回八女茶山唄日本一大会グランプリ受賞。
平成18年度、20年度 民謡全国大会(国技館)出場 !!
平成19年度 「日本民謡ヤングフェスティバル2007」出場。「八女茶山唄」を歌う。

(妹) 馬場敬子
姉の影響で民謡を習い始め、小学校4年で三味線を習い始める。
平成15年、津軽三味線高橋流名取「高橋浩敬」となる。
同年、「飛梅大使」として姉と共に精力的に、PR活動を行う。
第23回八女茶山唄日本一大会準グランプリ受賞。



終了いたしました。ありがとうございました!

■ カルタ遊び寄席 

三池カルタ・歴史資料館にて、
寄席を開催いたします。

子供さんからご年配の方まで、
皆さんで「江戸の文化」をたのしみませんか?

どうぞお越しください!

【 カルタ遊び寄席】
●とき:平成21年1月 11日 (土) 
 第一部 13時半〜
 第二部 14時半〜
●ところ:三池カルタ・歴史資料館
●木戸銭(入場料):無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188
終了いたしました。ありがとうございました!

■ 桂 藤兵衛 独演会 

お影さまで、当長屋も第七回を迎えることが出来ました。
今回は桂藤兵衛師匠をお呼びいたします。当長屋設立の時にお呼びしました実力派の師匠が再登場です。

また、若手のホープ桂笑生さんにも出演いただきます。

どうぞご堪能下さい!




【 桂 藤兵衛 独演会】
●とき:平成20年10月 25日 (土)  午後6時開場、6時半開演
●ところ:無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭(入場料):一般:弐千五百円(2,500円) 、
  店子:弐千円(2,000円) ※当日会場でも店子入会受付いたします
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188


終了いたしました。ありがとうございました!

■ 元気バイ!くるめ寄席 

久留米の街を元気にしよう!という事で、お客様も演者も、皆が楽しめる企画です!
地元にも、しれーっと沢山の芸人さんが隠れていますね(笑)面白くて楽しくて、実は意外に本格的です!

ゲストには、第一回の独演会にて熱演をふるって頂きました、桂藤兵衛師匠と弟子の桂笑生さんにもご登場いただきます!

【 元気バイ!くるめ寄席】
●とき:平成20年10月 25日 (土) 
 午後1時〜
●ところ:一番街商店街 旧サトウ毛糸店
●木戸銭(入場料):無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188


終了いたしました。ありがとうございました!

■ ゆにばひろば寄席〜子ども・子育てフェアにて〜

健康生きがいのあるまちづくりフェスタ〜地域と大学を結ぶ〜『ゆにばひろば』にて、寄席を開催いたします。

※ゆにばひろばの今回のテーマは「子ども・子育て」。子育て相談コーナーやあそびのコーナー、バザー、展示会も。お楽しみいっぱいです!オープンなイベントですので、お気軽に遊びにお越し下さい。


【 ゆにばひろば寄席】
●とき:平成20年 9月 20日 (土) 
 14時〜15時 ※前後する可能性がございます
●ところ:久留米大学御井学舎 御井学生会館
●木戸銭:無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188


終了いたしました。ありがとうございました!

■ ゑびす寄席

久留米落語長屋の芸人・世話人による寄席です。
長年たしなんできた落語、講談、手品、皿回しなど、日本情緒ある芸をご披露いたします。

素人寄席
●とき:平成20年 7月 20日 (日) 
 17時開場 17時半開演
●ところ:キラキラうきは(JRうきは駅前)
●木戸銭:無料

●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188


満員御礼!ありがとうございました

■ 第六回例会  桂 平治・瀧川 鯉昇 二人会

初夏の候、プロの落語の夕べはいかがでしょうか。お蔭さまで、当長屋も第六回を迎えることができました。ありがとうございます。
今回は二人会の開催です。桂平治師匠、瀧川鯉昇師匠の落語を堪能できる、すばらしい機会です。どうぞお楽しみに。


瀧川 鯉昇師匠  略歴
昭和28年 静岡県浜松市生まれ
昭和50年 八代目春風亭小柳枝入門
昭和55年 二ッ目昇進 春風亭愛嬌
平成02年 真打昇進 春風亭 鯉昇
平成17年 春風亭 改め 瀧川 鯉昇
桂 平治師匠   略歴
昭和42年 大分県生まれ
昭和61年 十代目 桂文治に入門
平成02年 二ッ目昇進 桂平治
平成11年 真打昇進 二代目桂平治

桂 平治 ・ 瀧川 鯉昇 二人会
●と き   平成20年6月7日(土)  18時開場 18時半開演
●ところ   無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭  一般:弐千五百円(2,500円)   
         店子:弐千円(2,000円) ※当日会場でも店子入会受付いたします
●主催  久留米落語長屋 

※申し訳ありませんが、会場は駐車場はご用意しておりません。
近くの小頭町公園駐車場をご利用ください。(会場まで徒歩5分)。
※乳幼児の方のご来場はご遠慮頂いております。ご了承くださいませ。

ご予約・お問合せ
久留米落語長屋事務局  TEL:0942-34-2188   メール:rakugo@kochira.info


満員御礼!ありがとうございました

■ 第五回例会  柳亭 市馬 独演会

お蔭さまで当長屋も第五回を迎えることができました。
今回は東京から若くて元気の良い実力派の市馬師匠をお呼びいたします。
運動も万能の師匠は大分県の出身です。お会いできるのが楽しみです。

柳亭 市馬 師匠  略歴
昭和55年 3月 五代目柳家小さんに入門
昭和56年 4月 前座になる 前座名「柳家小幸」
昭和59年 5月 二ッ目に。 「柳家さん好」と改名
平成 5年 9月 真打昇進 四代目「柳亭市馬」襲名

柳亭 市馬 独演会
●と き   平成19年10月27日(土)  18時開場 18時半開演
●ところ   無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭  一般:弐千五百円(2,500円)   店子:弐千円(2,000円)
●主催  久留米落語長屋事務局 
●ご予約・お問合せ  TEL:0942-34-2188   メール:rakugo@kochira.info

※申し訳ありませんが会場は駐車場はご用意しておりません。近くの小頭町公園駐車場をご利用ください。(会場まで徒歩5分)。
※乳幼児の方のご来場はご遠慮下さい。

  
※前回の様子。風情ある雰囲気の中で、プロの落語を一緒に楽しみましょう


大盛り上がり!ありがとうございました!

■ 素人寄席 開催決定
久留米落語長屋の芸人・世話人による寄席です。
長年たしなんできた落語は、決して「お遊び」ではありませんよ!また、手品、皿回し、講談など日本情緒ある芸をご披露いたします。

素人寄席
●とき:平成19年 9月 2日 (日) 
 13時半開場 14時開演
●ところ:六ツ門大学 地図
※駐車場はご用意しておりません。お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭:無料

●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

  
これまでの寄席のもようです。


満員御礼!ありがとうございました!!

■ 柳家小満ん 師匠 独演会
お蔭様で第四回目を迎えることが出来ました。
今回も東京から粋な噺家さんをお迎えします。
八代目桂文楽の内弟子として仕えた、
小満ん師匠です。
芸名には師が心服をしていた歌人、吉井勇先生に
ちなみ、“桂 小勇”。
現在、俳句を嗜む噺家さんです。

【 柳家小満ん 師匠  略歴 】
◆ 昭和17年  横浜生まれ
◆ 昭和35年  国立東京農工業大学入学。
           しかし八代目桂文楽に
           魅せられ退学。
◆ 昭和36年  八代目桂文楽に内弟子として
           入門。“小勇”。
◆ 昭和46年  桂文楽死去。柳家小さん 門下へ
◆ 昭和46年  真打昇進 三代目柳家小満ん 襲名
※隔月の独演会『柳家小満んの会』は、今年で38回目。通算225回
※新著『べけんや(わが師、桂 文楽)』

柳家 小満ん 独演会
●と き     平成19年6月2日(土) 18時開場 18時半開演
●ところ     無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭    一般:弐千五百円(2,500円)   店子:弐千円(2,000円)
●主催      久留米落語長屋事務局 
●ご予約・お問合せ      TEL:0942-34-2188  メール:rakugo@kochira.info
※申し訳ありませんが会場は駐車場はご用意しておりません。
近くの小頭町公園駐車場をご利用ください。(会場まで徒歩5分)。
※乳幼児の方のご来場はご遠慮下さい。
満員御礼!ありがとうございました!!

■ 古き良き時代の文化を堪能しませんか? 素人寄席
今回は特別企画として、博多券番(はかたけんばん)のお二人をお呼びし、日本文化芸能である博多芸妓さんの踊りと三味線を久留米の六ツ門の地で楽しみます。(なんと無料です。)
めったに見られないこの機会に、『生の落語』 と 『生の踊り』 と 『生の三味線』 を、是非一緒に楽しみませんか?

ゲスト:博多券番より、 地方(ぢかた)(三味線)であり 小唄の師匠 であおりのお一方 と 立方(踊り) お一方

素人寄席
●とき:平成19年 4月 8日 (日) 
 14時開場 14時半開演
●ところ:六ツ門大学 地図
※駐車場はご用意しておりません。お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭:無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188
満員御礼!ありがとうございました!!

■ むかし気質!江戸風味… むかし家今松 師匠 独演会

初秋の候、ナマの落語「江戸落語の夕べ」はいかがでしょうか。当長屋はお蔭様で第3回目を開催することになりました。
今回は名人古今亭志ん生、そしてその長男の 十代目 金原亭馬生 の芸脈をくむ 今松師匠 をお迎えしての独演会です。東京からわざわざおいで頂きます。

【 むかし家今松 師匠 略歴 】
◆ 昭和21年7月  千葉県松戸生まれ
◆ 昭和40年11月  金原亭馬生 に入門、駒次
 ※師匠の馬生は名人志ん生の長男。また、女優池波志乃(中尾彬夫人)の父上である。
◆ 昭和45年3月  二つ目昇進 むかし家今松
◆ 昭和56年9月  真打昇進  むかし家今松
マスコミにのらず、ナマの高座を大切にした独自の芸風に全国の固定ファンが多い。

【 むかし家今松 独演会 】
●と き   平成18年10月28日(土) 18時開場 18時半開演
●ところ   無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭  一般 二千円  店子 千五百円
●主催・問い合せ及びご予約    久留米落語長屋 0942-34-2188  〔四ヶ所〕

※申し訳ありませんが会場は駐車場はご用意しておりません。近くの小頭町公園駐車場をご利用ください。(会場まで徒歩5分)
台風襲来の中お越し頂き、誠にありがとうございました!!

■ 新ネタ披露!?素人寄席  in 六ツ門大学ウイーク
久留米落語長屋のオリジナル、「素人寄席」を開催させていただきます!新しいネタも準備してますからね〜。皆さんお楽しみに!
今回は、9月15〜17日に開催中の、『六ツ門大学ウィーク・オープンキャンパス』での出演です。たくさんの文化と学びのある3日間です。こちらも必見!

素人寄席
●とき:平成18年 9月 17日 (日) 
 14時半開場 15時開演
●ところ:六ツ門大学 地図
※駐車場はご用意しておりません。お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭:無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188
満員御礼!ありがとうございました!!

■ 明るく粋な芸風で人気の 入船亭扇遊 師匠 が久留米 無量寺に
入船亭扇遊 師匠

初夏の候、生の落語「江戸落語の夕べ」はいかがでしょうか。 当長屋は、おかげ様で第二回を開催することになりました。
今回の扇遊師匠は九代目入船亭扇橋師の芸脈をくむ正統派で、明るく粋な芸風で我々を江戸の町へ引き込んで行きます。
どうぞ、プロの落語を聴きに本町の無量寺へお出かけになりませんか。

【 入船亭扇遊 師匠 略歴 】
◆ 昭和28年7月 静岡県熱海市生まれ
◆ 昭和47年11月 入船亭扇橋 に入門 扇ぽう
◆ 昭和52年3月  二つ目昇進       扇好 
◆ 昭和60年9月  真打昇進
◆NHK新人落語コンクール優秀賞。
◆国立演芸場若手花形演芸会金賞。
◆文部省芸術祭賞受賞など受賞暦多数

【 入船亭扇遊 独演会 】
●と き   平成18年6月17日(土) 18時開場
●ところ   無量寺〔むりょうじ〕  久留米市本町8-4 (地図
●木戸銭  一般 二千円  店子 千五百円
●主催・問い合せ及びご予約    久留米落語長屋 0942-34-2188  〔四ヶ所〕

※申し訳ありませんが会場は駐車場はご用意しておりません。近くの小頭町公園駐車場をご利用ください。(会場まで徒歩5分)

満員御礼!ありがとうございました!!

■ 素人寄席 開催決定!今回は「同友会 ばさらか市」にて

【 ばさらか市 】 3月11日(土)12日(日)
メイン会場は六角堂広場ですよ!

久留米落語長屋 のオリジナル公演「素人寄席」です。我が街 くるめ をわかせますよ〜!さらに磨きをかけた、私たちの寄席を、お楽しみに〜っ!

※ 今回は、この久留米の会社の社長さん達が集まる、中小企業家同友会 主催の「ばさらか市」の中での寄席です。「ばさらか市」には、地域の物産店や、あの 野田かつひこ のライブ、そして、九州の「市」の神様『夫婦恵比須さま』もお着きにるそう。良いひと時になりそうですね!
練習はきびしい!
でも楽しいっっ!!
素人寄席
●とき:平成18年 3月 12日 (日)
●ところ:六ツ門大学 地図
※駐車場はご用意しておりません。お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
●木戸銭:未定
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188
満員御礼!ありがとうございました!!

 桂藤兵衛師匠が久留米に


しっとりと落ち着いた佇まいの秋の季節に相応しい「江戸落語の夕べ」はいかがでしょうか。
お蔭様で「無量寺寄席」を開催いたします。

昭和の名人、先代 林家正蔵 の芸脈をくむ、桂藤兵衛師匠をお迎えしての独演会です。
東京から師匠にわざわざおいでいただきます。
正統派の芸人さん、いいお客さんで創り出される無量寺の豊かな空間にお出かけになりませんか?






桂藤兵衛師匠
■昭和27年 1月生まれ(東京都文京区)
■昭和44年 先代の 林家正蔵 入門 林家上蔵
■昭和49年 二つ目昇進
■昭和59年 真打昇進 三代目 桂藤兵衛 を襲名
国立演芸場花形落語会金賞を受賞するなど実力派。
生の高座を大切にした独自の芸風に、全国に固定ファンが多い。

【無量寺寄席】
●とき:平成17年11月27日
●ところ:無量寺 久留米市本町8-4
※駐車場はご用意しておりません。お車でお越しの際は、近くの有料駐車場をご利用下さい。
 (小頭町公園 地下駐車場 40分90円 地図
●木戸銭:一般2000円 店子1500円
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188

  
満員御礼!ありがとうございました!!

■ 初回公演!久留米の人情溢れる寄席



【素人寄席】
●とき:平成17年10月23日
●ところ:よしの園
 (久留米市六ツ門町7-16)
●木戸銭:無料
●お問い合わせ:久留米落語長屋 よか亭十老(四ヶ所)0942-34-2188











Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。