【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

2017/1/21
第三回坂本繁二郎邸寄席
 
 2017/6/10 古今亭菊之丞独演会(第二十二回例会)

待ちに待った古今亭菊之丞独演会は、梅雨空の雲を
吹き飛ばす勢いで、早くからお客様も見え出足も上々!
ほぼ満席の会場には、追っかけの女性連も多く詰めかけ、
華やかな雰囲気に満たされてました。

いよいよ開演。
まずはお酒に強い師匠ならではの「替り目」の一席で
ご機嫌をうかがうと、そのまま、2席目の「幾代餅」へ。
 男の一途さに胸うたれて幸せをつかむ展開のこの一席は、
女性を演じたら類を見ない師匠ならではの清涼感あふれる姿に
お客さまも感激ひとしお。
中入り後の3席目は師匠の十八番ともいうべき「愛宕山」。
 お客様は師匠の話芸にひきこまれ、幇間の一八が谷底から舞い
上がってきたように、浮遊したまんまでお開きとなりました。

 落語会の若旦那・菊之丞師匠に魅了された一日でありんした。




Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。