【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

2016/4/24
皐月寄席(素人寄席)

2016/10/8
柳家花いち独演会(第七回二つ目落語会)
 16/06/11 立川生志・談慶 兄弟会 (第二十回例会)

 
    
 
     
45年ほど前に立川談志が久留米市民会館小ホールで独演会を開いている。今回はそのお弟子さんである「立川生志・立川談慶兄弟会」。

共に久留米には関係のあるお二人である。
生志さんは福岡出身であり、久留米市内でも2〜3ヶ所で随時独演会を開いている実力のある人気噺家さんである。

談慶さんは社会人になって最初の赴任地が福岡で、
その時に見つけたのが久留米の奥さんようである。

今回は200名以上のお客様が来場されていたが、噺が終わり、幕が下り、追い出しの太鼓がなり、満足されたお客様が余韻を残し会場を後にされる姿に格別な思いがあった。

【演目】
談慶  看板のピン  
生志  反対俥    
談慶  人情八百屋  
生志  井戸の茶碗  


【番外編】
今回の20回を持って私の担当は終わった。1回目の藤兵衛師匠から今回のお二人まで24名の噺家さんにご出演頂いた。久留米で実力のあるプロの江戸の生の噺を聴きたい思いで始めた独演会であった。
各流派の噺家さんが出演を毎回快く引き受けて頂き厚くお礼を申し上げたい。
有難うございました。(佐藤)

Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。