【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

15/04/18
第23回 素人寄席

16/06/11
立川生志・談慶 兄弟会 (第二十回例会)
 15/06/06 柳家喜多八 独演会(第十八回例会)

   
 
     
以前から久留米にお呼びしたいと思っていた噺家さんの一人である。
やっと久留米に来ていただいたが、翌日曜日に仕事が東京であるとのことで出演の前日夜遅く福岡空港に迎えに行く。
翌日、師匠は会場へ一番乗り。

東京出身の噺家さんは意外と豚骨ラーメンは断るが・・・
喜多八師匠は豚骨ラーメン大好きとのことで、近くの精養軒へ
(以前お呼びした大分出身の市馬師匠は、勿論替え玉までしたが・・・・)

我が道をいく噺家さんである。
今回の喜多八師匠の「たけのこ」は、思い出してはクスッと今も笑う絶妙は話。
「らくだ」の酒の呑みっぷりは小燕枝師匠の「猫の災難」とよく似て
酔い方は上手かったなぁ。

「演目」
・たけのこ
・明烏
・らくだ

【番外編】
喜多八師匠のチラシの茶の着物は八代目桂文楽師匠の形見とのこと。
それで、私も、文楽師匠の手拭いと直々にサインして頂いた扇子を形見にしていると話すと鑑定してやるとのこと。じっくり見ていたが今日の出演料はこれでもいいよとのことだったがにっこり笑って断った。
Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。