【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

13/11/09
古今亭志ん輔 独演会(第十七回例会)
14/06/14
三遊亭 窓輝・圓窓親子会(第十八回例会・10周年記念)
 14/03/29 三笑亭夢吉独演会(第二回無量寺二つ目独演会)

   
   
 
小雨けぶるなか第2回の二つ目会が開かれた。

お客の入りを考えるとすこし心配な雨模様となかったが、開場まえから客足は絶えず午後3時の開演まえには観客は120名を超えて、落語長屋の世話人や応援ボランテイアの久留米大学の学生さんらを含めると140名弱となって会場である無量寺本堂がほぼ満席となった。

 夢吉さんとお客との間がだんだんと親密となって、一席目の「長屋の花見」では会場が揺れ、二席目の「身投げ屋」にはおなかをよじり、三席目の「佐野山」には観客がうなった。

久留米落語長屋「夢八社中」が夢吉さんのご了解を得て、三味線と太鼓の出囃子で会場を盛り上げたが、如何だったか。でも久留米落語長屋の長年の夢がすこし実現できた。

独演会がおわり、夢吉さんの色紙3枚が賞品の抽選会が開かれ会場が沸いた。
雨も愉しくなる一日となった。

 午後5時からは夢吉さんと久留米落語長屋世話人と希望された観客のみなさんが車座となって、夢吉さんの生い立ちや噺家としてのもろもろに会話が弾んだ。

 夜は久留米B級グルメを愉しみながら、たっぷりと今後の二つ目会のあり方などについてご意見を頂いた。

夢吉さん、一日お疲れさまでした。


【演目】
「長屋の花見」
「身投げ屋」
「佐野山」
Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。