【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

12/02/25
サンライフ寄席
12/06/16
梅雨をふきとばす、爆笑のうず!さちとぴあ寄席
 12/06/02  林家 正雀師匠 独演会

 
 
 
今回は、怪談噺、芝居噺で第一人者である
正雀師匠をお迎えしました。

今にも雨が降りそうな中で始まった独演会。
会場は130名のお客様で熱気むんむん。

一席目は彦六師匠から受け継いだ『大店の犬』。     
二席目は怪談噺 牡丹燈籠の『お札はがし』
実直な語り口で、登場人物の性格を明確に描写していく  
淡々とした師匠の芸風。後半は有名なカランコロンの
下駄の音で盛り上がり1時間近くの大熱演。 
仲入り後、三席目は正雀師匠の十八番の『紙屑屋』。

最後は陽気に寄席の踊り               
「奴さん」の姐さん姿はとても色っぽく、        
「松づくし」は三本の扇子が開く様がとても美しい、
素晴らしい踊りでした。

ありがとうございました。

■ 演目 ■
 1.『大店の犬』
 2.『お札はがし』
    中入り
 3.『紙屑屋』
 4.寄席の踊り


■ 番外編 ■
打ち上げ後、二次会でカラオケへ。            
楽しく歌っていらっしゃいました。           
6月は国立劇場で上席のトリを受け持たれて
当長屋出演の日は休演されたそうです。
今度は、師匠の『芝居噺』を鳴り物入りで是非聴きたいですね。                      
正雀師匠お疲れさまでした。有難うございました。

Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。