【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

10/01/09
本泰寺寄席
10/06/05
第十回例会 柳亭 小燕枝師匠 独演会
 10/04/04  筑前琵琶を愉しむ 〜素人寄席〜

深みと迫力ある演奏を楽しみました。
志ん茶は酔っ払い役が得意!?
沢山の方にお出で頂きました
蝶美さん、長屋一同でパチリ。
この後は当然「マツ・タケ」へ。
春うらら
お花見日和のこの日、
六ツ門大学にて、素人寄席を開催いたしました。

今回ゲスト公演いただいたのは、
新進気鋭の筑前琵琶の第一人者、寺田蝶美さん。
蝶美師匠は、4歳より筑前琵琶を始められ、
NHK邦楽技能者育成会37期卒の
筑前琵琶保存会教司としてご活躍の方です。
古典の枠内にとどまらず、
オーケストラやピアノ&ギター、ダンスなどの
現代芸能との共演でも活躍されています。

この日演奏いただいたのは、平家物語より、
『祇園精舎』 『那須与一』 『壇ノ浦』。
最後は『千の風になって』を
ピアノとのコラボレーションでご披露頂きました。

来場者の半数以上が、筑前琵琶を聴くのは初めて。
筑前琵琶の歴史や楽器の説明、
曲目の解説などを頂きながら、
深みと迫力ある演奏を楽しみました。
今回、生演奏で聴けたことはとっても良い体験でした!

また、今回は新人“お箱家 志ん茶”が初高座となりました。
お花見シーズンにはぴったりの「お酒ネタ」で、
会場を沸かせました。

ありがとうございました。


■ 演目 ■
 ・落 語  『親子酒』        お箱家 志ん茶
 ・講 談  『伊達家の鬼夫婦』  ななし家 權八
 ・落 語  『替わり目』       しらが家 夢酎
 ・落 語  『幇間腹』        全不可亭 真心
 〜中入り〜
 ・筑前琵琶  寺田 蝶美


ご協力いただいた皆様  ※50音順・敬称略
●六ッ門大学 (会場)
Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。