【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

09/10/17
柳亭 燕路 独演会
10/01/09
本泰寺寄席
 09/10/31  筑後川の上で、「クルーズ寄席」

きらきら光る水面。河童さんも泳いでいます。
お馴染みの昔話「桃太郎」も、落語となれば…
久留米は住みよい街ですが、今日は盗人の噺。
筑後川に掛けて、鰻の話を一席
終わる頃にはキレイな夕日が
九州随一の大河、

そして、

われわれ久留米落語長屋の住人にとって、
母なる川

――― 「筑後川」

その雄大な流れの上で落語が出来るなんて、
夢にも思っておりませんでした。

今回は
「久留米まち旅博覧会/筑後川ライブクルーズ」
とのタイアップで、
屋形船での落語会「クルーズ寄席」を開催しました。

澄み渡る秋空の下、
満員のお客様で賑わう屋形船「麒麟号」は、
水天宮前の船着場から出航。

まずは沈み始めたお日様を背に上流へ。
篠山城、工場群、河川敷のゴルフ場などを
左右に眺めながら
宝満川との合流点付近で折り返して再び水天宮付近に。

川の真ん中に停泊し、エンジンを停止すると
水面を抜ける秋風の音すら聞こえるような自然の静けさ。
ゆっくりとした心地よいリズムで揺られながら、
真心、泡浮、金太郎の三人が
高座を勤めさせていただきました。

本当に貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございました。


■ 演目 ■
 ・落 語  『桃太郎』       全不可亭 真心
 ・落 語  『仏師屋盗人』   密家 泡浮
 ・落 語  『筑後生鰻』     福々亭 金太郎


ご協力いただいた皆様  ※50音順・敬称略
●江上工業(筑後川遊覧)0942-62-4407
●久留米まち旅博覧会事務局0942-31-1730 
Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。