【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

09/06/06
さわやかな芸風 古今亭志ん橋師匠 独演会
09/10/11
和酒と落語でスローなときを 山の寿寄席
 09/09/06  落語三昧!素人寄席

最年長83歳!いちけんの力強いパフォーマンス!
久々登場の琉珍は上方が得意 
インフルエンザ!? 小ネタも披露。夢酎
さすがの貫禄。風太郎
練習時間が増えました(笑)真心
美味しい顔が得意!?金太郎です
例年より少し早い、秋の訪れ。
気持ちの良い秋晴れのこの日、
六ツ門大学にて、素人寄席を開催いたしました。

今回は落語三昧の計六席。
「若手」と「ベテラン」の対決と銘打って開催!
若手は粋に、ベテランは味を発揮!
といきましたでしょうか?

開口一番は久々登場の琉珍。
久留米特産の植木(田主丸)と酒(城島)にかけ、
植木屋と酒が登場する「青菜」を演じました。
庭師が上等の冷酒をきゅーっと呑む場面では、
お客様から「美味しそう!」「何だか、かわいらしい!」
との声も。
第一席目から沢山笑って頂きました。

また、最年長83歳のいちけんは、                新ネタ「ぜんざい公社」を披露。
融通の利かない官吏を風刺する噺は、
政治の話題で盛り上がるこの時期に、妙にマッチ。
「ぜんざいを食べるための」許可証取得に
駆け回る男を熱演し、いちけんも思わず汗だくに!?

この他、
飲み会に酒の肴を持ち寄ることになり、
乾物屋で盗みを働いてしまう『寄合酒』。
花火会場での職人と武士の騒動、                結末がスカッと爽快な『たが屋』。
夜逃げ男が住む、何も無い家に侵入した泥棒の
「プロ根性」を描いた『だくだく』。
初めて食べた秋刀魚の味が忘れられないお殿様。
食欲の秋にぴったりな『目黒の秋刀魚』。
楽しく演じさせていただきました。

今回も沢山の方から温かい笑いを頂戴しました。
本当にありがとうございました。


■ 演目 ■
 ・落 語  『青菜』        鶴家 琉珍
 ・落 語  『寄合酒』      しらが家夢酎
 ・落 語  『たが屋』      笑っ亭 風太郎
〜 中入り 〜
 ・落 語  『ぜんざい公社』  絣家 いちけん
 ・落 語  『だくだく』      全不可亭 真心
 ・落 語  『目黒の秋刀魚』  福々亭 金太郎



美味しそうな匂い!! 大賑わいの六角堂!
■ 番外編 ■
この日近くの「六角堂広場」で開催されていたのは、
「焼き鳥日本一フェスタ」。
過去最多の17店が出店しての創作焼き鳥対決に、
二日間で5万人が来場!本当にすごかった!
久留米のB級グルメは、やっぱりよかね〜。
 

ご協力いただいた皆様  ※50音順・敬称略
●会場: 六ッ門大学
Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。