【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

09/01/11
江戸の遊びと学び  『いろは寄席』
09/06/06
さわやかな芸風 古今亭志ん橋師匠 独演会

 09/04/05  美しい津軽三味線と民謡〜素人寄席〜

会場に響き渡る、美しい歌声!伸びのある声と豊かな声量が最大の魅力!
このとし82歳!最年長“いちけん”の初めての高座。しっかり成し遂げました。 
人情モノの落語が、なぜか笑いでいっぱいに!楽しくて、ツイツイ長引いてしまいました。 
観客の皆様も一緒に謡って下さいました。 
いつもどおりの大騒ぎ!
いや〜!
ナマの津軽三味線と民謡のなんとすばらしいこと!

力強く、リズミカル、その一方では繊細な
津軽三味線独特の音色。
そして美しい歌声が会場中に響き渡る。
その迫力に感動いたしました。

今回お越しいただきましたのは、
八女市を拠点に大活躍中の『若き馬場姉妹』のお二人。
幼少のころからおばあさまの影響で民謡を始められ、
数々の大会で好成績をあげられました。
2004年の国民文化祭「とび梅国文祭」では
そろって「飛梅大使」に選ばれるなど、
プロ中のプロのお二人。

伸びのある声と豊かな声量が最大の魅力で、
今回の舞台でも気持ちの良い歌声を
お聞かせ下さいました。

九州、山口の民謡を中心にご披露頂き
観客の皆様も、手拍子をしたり、一緒に謡ったり!
会場一体となって、にぎやかで楽しい時間を
すごしました。

また、今回は久留米落語長屋の中で最年長、
82歳の“いちけん”が初高座となりました。
どうなる事かと心配しましたが、何のその!
「成し遂げたい」という情熱と集中力!
長屋一同も、本当に頭が下がります。

ありがとうございました。

■ 演目 ■
 ・落 語   『大安売り』    絣家 いちけん
 ・落 語   『色事根問い』  蜜家 泡浮
 ・講 談   『お富与三郎』  ななし家 權八
 ・落 語   『井戸の茶碗』  笑っ亭 風太郎
 〜 中入り 〜
 ・津軽三味線と民謡 馬場姉妹


〜番外編〜
今年は桜の時期が過ぎてしまっていたので、断念。
最近お気に入りの中華料理屋さんへ。
未だ外が明るいうちから、呑んで呑まれて…。
朝から晩まで充実した、すばらしい一日でした。

ご協力いただいた皆様  ※50音順・敬称略
六ッ門大学 (会場)
Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。