【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

≪08/07/20
夏祭りに参加!ゑびす寄席
08/10/25
商店主や地域の皆様も出演 『元気バイ!くるめ寄席』
 08/09/07 生の寄席囃子に感動!『素人寄席』

高座をしっかりと見て!息を合わせて!
舞台袖も真剣勝負です。
舞台の上で、お囃子の演奏を頂きました
皿回しの技が増えました!
お客様へのパス!
オーディオ機器が充実した今日、
お囃子を生で聴けるのは、本場の寄席くらいのもの。
しかし、生のお囃子(ライブ)が鳴ると、
寄席の雰囲気はいやがうえにも盛り上がります。
お囃子が持つ面白い意味と心的効果には、
本当に驚かされます。

今回は、九州寄席囃子の会『小きぬ社中』さんに
お越し頂き、生演奏をご披露いただきました。

開演前、普段はCDでお囃子のBGMを鳴らしていますが、
今回はこちらも生演奏。
舞台袖から演奏が聞こえたとたん、
開場中がざわざわ!鳥肌!
やはり生の演奏は、身が引き締まります。

第一部は
私たちの落語と色物を披露させて頂きました。
生の出囃子に送られて高座へ上がる気分は感無量!
また、落語の噺の中での“効果音”としてのお囃子
=「ハメモノ」の演奏も頂き、気分上々です!

第二部では、小きぬ社中の皆様に
ステージに上がって頂きました。

まずは其々の楽器の解説と、
お囃子を通じての寄席の一日のご紹介です。

「お客様が沢山入りますように」 (一番太鼓)
「興行が無事成功しますように」 (二番太鼓)

そんな願いを込めて、
木戸を開けるような音を、
太鼓のふちの鋲をなぞった音で表現したり、
「ドンドン、ドンと来い!」と言っているような
音色を立てたりするそう。
時間に応じて、曲目が大方決まっているのも、
面白いところです。

実演では、
プロの噺家さん其々の出囃子や
様々な効果音として噺を盛り上げる「ハメモノ」、
洋楽のアレンジ曲もご披露いただきました。

やはり、生の演奏の迫力は凄まじく、
心にずんずん響きます。
お囃子は、寄席ムードを一気に高める、
大きな存在である事を再確認しました。

普段は下座(げざ)と呼ばれ、
舞台袖の客席から見えないところで演奏されますが、
目の当たりにするのは、
中々に貴重な機会だったのではないでしょうか。

ありがとうございました。

■ 演目 ■

 ・落 語 『代書屋』     風流亭 半丸
 ・落 語 『あくび指南』   笑っ亭 風太郎
 ・皿回し 『回る回るよ』   久栄亭 鶴波
 ・落 語 『こぶ弁慶』     蜜家 泡浮
中入り
 ・お囃子紹介、生演奏   九州寄席囃子の会
                  小きぬ社中


ご協力いただいた皆様  ※50音順・敬称略
六ッ門大学 (会場)
Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。