【 久留米 落語 長屋 】 トップページへ

【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



長屋の活動レポート

≪ 07/04/08
素人寄席 〜芸妓さんをお迎えして

芸妓さんをお迎えし
 07/08/12≫
落語長屋メンバー、ついに映画界進出!?
 07/06/08  品格のある江戸落語  柳家小満ん師匠 独演会

品格のある芸を堪能
  
師匠の情緒ある江戸落語に釘付け
  
小満ん師匠の師匠である、
八代目桂文楽師匠の直筆のサイン。
小満ん師匠が「間違いない」と
太鼓判を押してくれました。
桂文楽師匠の数少ない貴重なサインの
ひとつのようです。
四度目になる、プロの噺家さんを招いての独演会。
今回は柳家小満ん師匠に三席噺を
ご披露いただきました。

小満ん師匠は、観客に媚びず、
自身のしっかりとしたこだわりを持って
話芸に取り組まれるその姿勢に
とても感銘を受けます。

そんな小満ん師匠の噺は、品格のある、「通好み」の芸。
控えめな噺の中で、「くすっ」と笑わせるものがあったり、
考え深いものがあったり、まさに本物でした。

この日は、小満ん師匠が久留米でお話しになるという事、
また、当日地元紙の朝刊の案内が出た事もあり、
沢山の方に足をお運び頂き、落語をご堪能頂きました。
本当にありがとうございました。

【今回ご披露いただいた噺】
 『弥次郎』、『夢の酒』、『妾馬』

【ちょっと裏話?!】
江戸落語の噺家さんだけあって、
師匠は『江戸文化』というものに、
とても精通していらっしゃるご様子。
当長屋にも『江戸文化』に興味を持っている者がおり、
懇親会では、江戸時代の地図『切絵図』を通しての地理や
文化、また、江戸文化の世界への影響などの話題で
大盛り上りでした

【師匠の一句】
趣味の一つとされている俳句。
この久留米・筑後ののんびりとした風景を感じ、
一句頂戴いたしました。

    「麦秋の寝釈迦にあるや耳納山」


中入り 中
当長屋のネタ帳にも
直筆でご記帳下さいました
情緒あふれる素晴しい時間を
本当にありがとうございました

ご協力ありがとうございました
●会場: 無量寺 さん (浄土宗 寺院) 
久留米市本町8-4 TEL:0942-32-3010

Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。