【 お気に入りに追加 】
是非ご登録下さい!
 トップページ

 ・初めての方へご挨拶
 ・メディアに登場
 ・浮世忍仮名 紹介
 ・たくさんの店子さんに
 支えられています

【 久留米落語長屋 】 久留米 を中心に 落語 を通して 「あたたかさ」 を伝える活動 やってます!  
〜活動の一部をご紹介します〜
 ・最新の活動レポート
 ・レポート一覧

 ・公演・イベント情報
 ・会場案内
 ・公演・チケットに関する
 お問合せ窓口

 ・六ツ門横丁周辺ご紹介

 ・厳選リンク集

 ・総合お問合わせ窓口



久留米落語長屋とは?

古き良き時代、未だ技術が発達していない頃から、まちの人々に親しまれてきた娯楽があります。
それが、落語・漫才・大道芸などの「寄席芸」です。

身近な道具と、あとは人間の言葉と表情、身振り手振り。それだけ。

人間が生み出すものには、現代の高度なデジタル技術では果たせない、人を魅了する何かがきっとあるのでしょう。

私達はこの「人情」を大切にしたいと考えております。

私達は、この日本の伝統の町民文化を、現代文化とおりまぜながら継承すると共に、笑いを通して地域文化作りへ興味を持ってもらったり、積極的な参加、まちの活性化を目指しております。


団 体 概 要

T運営の決まり
  1、寄席好きの仲間が楽しく集まり語れる。
  2、市民大学「六ツ門大学」を応援する。

U目的
  寄席芸を正しく認識し、江戸時代の町民文化と現代文化を
  正しく継承発展させ、人間味あふれる仲間の集まりとする。

V「久留米落語長屋」の会員は下記の中から担当を選ぶ
  1、寄席芸(落語、漫談、漫才、手品、紙きり、腹話術など)を演じる。
  2、舞台装置(高座準備、めくり台製作、寄席文字など)を創る。
  3、出囃子(笛、太鼓、三味線など)を練習する。
  4、渉外(渉や慰問など)をする。
  5、寄席芸人の生の芸を見たり聴いたりして「久留米落語長屋」の会に積極的に参加する。

W会場
  無量寺 六ツ門大学 他

   

Copyrightc 2005 isolabo.All Rights Reserved  本文、及び画像,メールマガジンを無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。